12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2016-04-02 (Sat)
出来るだけからだに自然なものを身につけたいと始めた布ナプキン。
ジワジワとお仲間が拡がって、「これは、やめられない!」と言ってくれるリピーターに支えられています。

その仲間のUさんのお気に入りはハンカチタイプ



プレーンk理性
136.jpg


セットするのにひと手間かかるのですが「どうも防水布が苦手」なほど肌が敏感なUさんにとってはハンカチタイプの存在は強い味方。
コットン面(生成り色)はネル面(ピンク色)どちらも使え、「冬場の寒い時にはネル面の温かさに助けられています」とお話ししてくださっています。


だいだいも水分量が少なくなった3日目以降に登場させて、長い事使っている一枚があったのですが、何度洗濯しても形が崩れることなく、ほずれることなく、ただ、ひたすら受け止めてくれる一枚です。
洗濯を重ねるごとに、吸い取りが良くなって行くのが確認できる品でもあります。
頼もしい子でしたが、あまりにも、シミがひどくなってさよならしてしまいましたが・・

ハンカチタイプは頼もしい一枚です。



090.jpg


長さを調節すれば、就寝時にも対応できます。

| 布ナプキンの使い方 | COM(0) | TB(0) |
2016-02-06 (Sat)

「布ナプキンはどんなの選んだらいいですか?」

誰もが、最初の購入時にどんなものを、どれくらい選んだらいいか??????状態に。

この質問はだいだいも明確にお答えすることができません。

だって、人によって清潔感の個人差が違うんですもん。

ナプキンに一滴の血液がついているだけでも「駄目っ! 汚い!」て云う人もいるし、

「漏れない限り大丈夫。」と豪語した猛者とも出会ったり。

「ほとんど、トイレで排出するんです。」って方もいたり。

「病気だから夜用二枚重ねても間に合わない。」って云う方もいらっしゃいました。

人によって、量や、痛み、清潔感などなど、感じ方って千差万別なんだ~って事を日々教わっています。

また、洗濯の仕方や干し方にも個性が見られるので・・・



だから、なんとも言えません・・・・



初心者の布ナプキンの組み合わせ。


しいて、ここから初めてみたら?と言うのだったら。



これとこれ
_MG_8851.jpg
ホルダーM
_MG_8825.jpg
ホルダーS

吸収体と防水シートを組み込んであるので、普通、Mサイズで一回の出血量なら用が足ります。
人より出血量が多い方はこの上にシートを乗せて吸い取りの調節をします。

Sサイズはパットをつけると普通の量をカバーすることもできるし、量が少ない時やおりものの時に重宝です。

洗濯しながら使うから3枚~5枚あると便利ですね。

(パットの説明は次回に!)


まずは、初めてみることかな~



| 布ナプキンの使い方 | COM(0) | TB(0) |
2015-11-18 (Wed)
皮や芯も煮込んでジャムにしてみました。
しっかり煮込んで、漉してさらにお砂糖を入れて煮詰めて、ほぼ一日かかりっきりで作りました。

美味しい♡


こんな作り方があったとは、長年のお付き合いの賜物です。

感謝


IMG_9252.jpg
| 布ナプキンの使い方 | COM(0) | TB(0) |

2015-09-11 (Fri)
湯たんぽは冬使うものだと思い込んでいると大間違い、いつ使ってもほんのりした温かさが気持良いですよね~


特に夏はクラーで冷えてしまうこともあるので、そんな時は家に帰って湯たんぽをお腹にかかえて一休みすると元気が出てきます。

以外にお尻が冷えているんです。

特にガンガン冷房が背中を直撃したなんて時にはお尻に敷いてお尻から温めてあげると良いですよ。


貴重な湯たんぽですが、湯たんぽが離せないって方には共通の現象がからだの中におこっています。


それは、「冷え」、あるいは「低体温」と呼ばれるものです。



今、左手をお腹の肌に直接当ててみてみてください。

お腹は温かいですか?冷たいですか?



体温計で平熱を測ってみてください。何度ありますか?


35度台?



36度台?




だいだいは今36.9℃ありました。(わきの下で検温)
(明日からのハードスケジュールに備えて布ナプキン保温で体調整え中)



からだの中は化学コンビナートと同じで、丁度良い体温でコンビナート全体を管理するとスムーズに製品は流れて行きますが、体温が低くなるとその所の動きがゆっくりになって、製品の流れはわるくなったり、不良品が多くなったり、作られなくなることも、はたまたコンビナート全体が動かなくなってしまう事態(=死)に見舞われてしまうのです。



コンビナートがフル活動する温度はそれぞれの動物によりきめられた体温が~


イルカ35℃
人間は36.5~37℃、
馬は37~8℃
鳥は42~3℃、


人間の深部体温は37℃が代謝が最も活発におこなわれているそうです。




体温が低いからだでも心臓、内臓を動かすために必要な体温をからだのまん中(体幹)は頑張って維持しているのです。


必要な所にまず熱を分配するから末端(手・足)は二の次。



だったら、湯たんぽなど、外から温めるモノの力を借りて体温をあげて行けば、より元気なからだになるのではないかしら?



期待してるよ。湯たんぽ




頑張っているからださんに感謝




今回の参考書「体温免疫力」阿保徹著 ナツメ社
| 布ナプキンの使い方 | COM(0) | TB(0) |
2015-08-25 (Tue)
2010-07-04 に書いた者を再掲します。
この方も布ナプ派になり後日、生理が怖くなくなったとの連絡をいただきました。




「だいだいさん布ナプキン送って~」とのSOSがありました。

「一緒に仕事をしている若い人がとっても生理が苦しそうなの~生理痛が酷くって仕事にならないのよ~」

詳しく聞くと、かなりお辛い様子。

子どものころからのアトピーの酷くって、冷え性、それに生理の時の出血量も多くて、貧血気味。

布ナプキンの話をしたら、

「やってみたい!」

とのことなので、だいだいの所まで連絡をいただいた。


「はいはい~送りますよ。」ホルダーを多めのパックを送らせてもらった。


量が多くって洗うのが間に合わなかったり、漏れるのが心配だったら~


001_20080930192926.jpg

ケミナプの上にTシャツでもタオルでも使い古した布を利用して、布を一枚ひいて使ってみてくださいね。

と提案しておきました。


「最初から布ナプキンだけ!」って結構キツイものがあります。


ゆっくりからだに布ナプキンの良さや洗濯の仕方、からだのリズム合わせて行く方が無理なく進めていけると思います。


そして、生理じゃぁない時も布ナプキン!

何故か、常時布ナプキンを一枚下着に挟んでいるとからだがポカポカしてきます。

アトピーも体温が上がると楽になるみたい。



生理中だけの布ナプキンもいいけども、終わった後も布ナプキン。

ちょっとの心がけが健康に導かれる鍵のような気がします。




やるか、やらないかは、あなた次第!?







| 布ナプキンの使い方 | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。