12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2007-06-11 (Mon)
調べてみると昔、きもので生活をしていたころは、
生漉き(きずき)の紙というものを丸めて綿花でくるんだものを膣に入りつめて、ふたのようにして、染み出てくると重みで落ちやすくなるので、その前にトイレに行き腹圧をかけて出す形式があったそうです。

今、私たちは高性能なものに頼りすぎて、からだは垂れ流しを容認しています。

垂れ流しから意識して、とどめて流す、
私たちが意識を変革して行動することで獲得できる、からだの技のひとつです。

あしはら
Photo by PaPa Style
| さらに健康に | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する