123456789101112131415161718192021222324252627282930
2007-12-02 (Sun)
実験の続きを・・・・と思って、2,3質問を主催者に問い合わせているのですが、お返事がないので実験の件は少し保留に

先日ベジタリアンの友人と食事をする機会がありました。
ベジタリアン、にもいろいろな方?流派?があって、
四足の肉は食べない、
肉類はいっさい食べない、
肉、魚は食べない、
肉、魚、卵、牛乳は口にしない。
など人によっていろいろパータンがあるそうです。
友人は地球を愛する   発展途上中のベジさんで、
前回お食事した時より食べられない食品が増えていて
「だんだんからだが反応して、食べたくなくなるから不思議だよ~無理なくすすめられるの~」と教えてくれました。

また別の友人でわが子    のアレルギー症状、緩和のため砂糖抜きの食事を続けている方もいます。
久し振りにお会いしたらスマートになって~
その友人いわく、「砂糖抜きの食事は外で作って売っている総菜や加工食品を食べられないから、自然にやせてきたよ~」とのこと。
また、舌も敏感になって化学調味料が入っているものが受けられなくなってきたとのことでした。

かく言う私も子どものころから敏感でどうしても食べられない加工食品がいろいろあります。
特にお湯を入れて食べるとっても画期的な食べ物、あれがどうしてもダメ!!
高校生の時、文化祭の設営で遅くなり、クラス中でおやつ代わりにみんなで食べる時もその場から退散しなくてはならないほどニオイを嗅いだだけでもダメだったことが始まりで、今でも一切口にできません、家族が食べたい時はしばらく家出を~それぐらいうけつけられませんし、残り汁が流し台にあるだけで夫婦喧嘩   に発展してしまうぐらいイライラしてしまいます。

からだが異常に反応するとしか言いようがありません。


からだはいつもシグナルを出していて、モノに対して自分にとっては安心か危険かのシグナルを出していて危険なものが入るとそれなりに反応するのではないでしょうか?

食品だったら
まず、匂いで反応し、食べたくないと判断したり。
食べてしまったら吐くとか下痢をするなどの症状で反応し。
あるいはじんましんやアレルギーの状態で反応する。
などわかりやすい反応を示します。


物の反応でこんなことがあったよと教えてくれた方もいます。
出来るだけ自然の物にこだわって生活している友人の   が、たまたまおばちゃんのうちで、いとことお風呂に入り普通にその家で使用しているシャンプーをしたら、シャンプーした後の髪の匂いが気になって気になって、せっかく楽しくお泊りしようと計画して来たのに、「帰る~って!」その後ロクに遊ばないで家に帰ってお風呂に入りシャンプーのし直しをしたとの話も
たかがシャンプー、されどシャンプーその子は
なんか嫌!!!って即座にからだが反応したんでしょうね。
それに冷静に対応出来た親や周りの人も偉い、
普通だったら
我慢しなさい!
気のせい!
そのうち慣れる!
子どものこと誤魔化して対応するだけではないでしょうか?

使っている物、(単体であればわかりやすいのですが、今や複合的に絡みあっているので限定するのは難しいと前置きを入れて)

その匂いに反応し咳込んだり、肌がそれなりに反応していたりとからだはシグナルを出しているのにそれをキャッチできない所に問題があるのではないかな?

キャッチする所は知識の層、そこにきれい、簡単、便利、最新、安い、かわいい、流行などの宣伝文句や偽の香りで誤魔化されてしまったり、外見の見た目だけで試してみたいなどの欲求や欲望で満たされていると微妙にからだから発せられる信号など無視して頭の知識のみを優先してしまうのでは。

せっかくからだが教えてくれているのにね

今の体調のあなたには合わないんじゃないって

・・・  微妙な感覚なんです。
     自分だけが感じる感覚。
        研ぎ澄ませば研ぎ澄ませられる感覚

誰しも持っている感覚なんです、ただ、気づくか気づかないかだけ。


多量の化学物質がからだに入ってその感覚を鈍らせていると思うのです。
今までは敏感に感じる感覚がとっても個人的なものって思っていたので、自分一人が我慢すればとか、時には人に話して異常な人扱いされたこともあったけど、

そうじゃぁない!

からだのお仕事させてもらって人と比べることができたり、
経皮毒の本を読んで、物の危険度を頭で理解できてきました。

なんだ~オカシイのは鈍っている方なんじゃない

これからはこの感覚の方が大事になってくる気がします。
科学と微妙な感覚と折り合いがつく世界が出来る日が来ますように。

最後にかの有名なアインシュタインの言葉を
彼は知る人ぞ知る『ベジタリアン』だったそうです。

「菜食がもたらす情緒面での変化並びに浄化は、人類に対して非常に多くの利益をもたらすと考えます。したがって菜食は人類にとって非常に幸多き、平和なことなのです。人類は菜食をすべきです」


今日もお付きあい下さりありがとうございます。

感謝を込めて    だいだい



同じ感覚よ~ってを感じている人は拍手いただけたら嬉しいです。
| 合成化学物質が与える影響 | COM(2) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する