12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2007-11-18 (Sun)
先週はおもいがけず、学習週間になってしまってたくさん新しい知識をいただきました。
学生の時勉強嫌いだったので、その分、今勉強しているみたいです。

新しいこと教えていただくとワクワクします。

勘違いも多いので、何十年間違って覚えていたんだろ~って恥ずかしさで顔から火が出ることも度々ですが、日々新生の気持でまともな人間になりたいと頑張った一週間でした。

その合間にまたまた新しく教わったことをしてしまいました。

かりんのジュレを作りました。





よく洗ったかりんを皮も芯もつけたままくし切りにして、同量の水を入れて火にかけ1時間ほど弱火で煮込みます。


DSC01118.jpg


それを布袋に入れて漉ます。
強く絞ると液が濁るので一滴、一滴落ちてくるのを待ちました。

DSC01121.jpg


濾した量の20~30%の砂糖を入れて煮つめて完成


DSC01127.jpg


鮮やかな茜色。
味はほろすっぱくかりんの香りが口いっぱいに広がります。

とっても美味しい

だけどとっても時間がかかります
完成するまでにほぼ一日。

食事作りの合間合間に手をかけて作ってみました。


DSC01052.jpg


こんな黄色の実からなぜにこんな茜色になるのでしょう。
出来たてはピンクに近い色
それがだんだん変化していきます。

生で食べると硬く、美味しくない果物ですが、
時間をかけて、加工してあげることで、内在する栄養価を引き出して食べてあげることが出来るようになるんですね。


見かけや味の評価に関係なく奥に奥に内在する本当の価値を得るには時間と手間がかかる事が必要と学んだ一週間でもありました。




24日16時より東京荒川区で布ナプキンのお話に行くことになりました。
お近くで興味のある方はご連絡いただけたら詳細をお知らせいたします。



お付き合い下さりありがとうございました。

      感謝を込めて  だいだい


       ポッチと拍手していただけると励みになります。
| 秋のイベントかりんの日 | COM(3) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。