123456789101112131415161718192021222324252627282930
2007-10-27 (Sat)



急に秋らしくなり、風邪ひきさんが多くなりましたが皆様はお元気でいらしゃることでしょうか?


私は風邪気味の時は首にスカーフ下は布ナプキンを厚めにあてて、足元を暖かくして過ごします。

体幹を温かく保護することで免疫力を高めて風邪を追い出そうとの作戦です。


どんなに、科学が進んでも生物固有の熱を作りだすことは出来ないそうです。
人間は直腸温で37度、
外がどんなに寒くても体内の温度は
37度を保とうとしています。
この温度が保ているとからだの細胞は活発に化学反応を繰り返し、
元気なからだとなります。

体温はからだの化学反応を進める大事なお仕事を担っています。
化学反応が鈍くなると大変、体のダメージが大きくなります。
体温不足がおこっているなら、
体温を保護してあげればいい。

熱が逃げていく道を的確に抑えてあげれば無駄に熱が出ていきません。
そのために布ナプキンはお役にたちます。

からだが温かくなるから何でもない日でも布ナプキンをあてておくと温かいですよ。
とお話しています。

子どもの卒業式の日に布ナプキンをあてて出席したママは
「寒い日だったのにからだが冷えなくて助かりました。」とのご報告がありました。

これは試してみないとわかりません。
試すが勝ちです。
からだがあたたかいと何するにも楽ですよ。

布ナプキンを持ってないからできないわ~
と思われた方はハンドタオルを畳んで股に当ててみてください。
ただし、トイレで落とさないように気をつけて^^

何日か続けるとからだが楽になっているのがわかります。
ぜひお試しください。

あたたかいからだにはバイ菌は恐れをなして逃げていきます。

生理だけでなくかしこく使ってHappyな時間を過ごしたいからハピナプ
って呼んでます。
まだまだ用途は広がりそう。


ハピナプの集いかりんの日
午前の部は定員に達しましてので締め切らせていただきます。
午後からはまだ募集しています。
ハピナプの集いはからだと環境について話し合います。
布ナプキンの販売も行います。


今日もお付き合いくださりありがとうございました。


感謝   だいだい



ためになるかも知れないと思われた方はぽちっとお願いします。
| 布ナプキンの使い方 | COM(2) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する