12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2007-10-15 (Mon)
かりんの日にちなみ蜂蜜のお話を

蜂蜜に本物と偽物があったて知ってますか?

かりんの蜂蜜漬けを作るにあたり三年前から案内文にこの様な警告をしていました。

はちみつ はちみつにはエネルギーが効率よく、抗酸化作用、すぐれた殺菌力、はちみつの中のセロトニンは脳の活動を穏やかにする働きをしてくれます。ただし、この素晴らしい成分は本物のはちみつにしかありません。「最近はハチミツと表示しながら、とうもろこしで作った(異性加糖)ハチミツが出回っていて専門家がビンをかざして見てもわからない。」との話をききました。ほとんど偽者だらけ。偽者が本物の顔をして出回っている業界に腹が立ちますが、より安く、より便利なものを求めている私たちにも責任があるのでしょう。本物を見分ける眼力を養って、上手に選択しながら暮らして生きたいと思っています。
(本物のはちみつは結晶を作ります、この時期寒くなり始めたら固まりはじめます。)


と、三年前から参加者の方にはご注意申し上げていました。

それはかりんの蜂蜜漬けの当初は本物のはちみつは値段も張るので、はちみつは各々準備することにしてました。
どこが安い~とか、
バザーに高級蜂蜜が出ていて手に入れたとか
みんなで楽しんでハチミツを探していました。

仕込んでからかりんジュースになるまでに2か月ほどの熟成期間が必要です。
全く一滴の水を加えないのにかりんと蜂蜜が合わさることでかりんから瓶からあふれるほどの水分がでてきます、そののちブクブクと醗酵してかりんからエキスを抽出し、はちみつとみごとな調和を醸し出すのですが~

その際に発酵しすぎてアルコール臭が強く出て失敗する方がありました

だいだいは失敗したことがなかったので~びっくり
同じ条件で置いていても~何が違うのかいろいろ調べたところ、

結論として糖分の問題だとわかりました(異性化糖の混入)

それがわかった翌年は
ドラックストアーで売っていた安い蜂蜜
ディスカウントショップの蜂蜜
オリゴ糖、
グラニュー糖
キビ砂糖
黒砂糖
養蜂所で買った蜂蜜

いろいろ試してた結果上の2種類は発酵臭がひどく失敗。
純正蜂蜜と書いてあっても信じてはいけないカラクリがあることを肌身で感じてきました。



そして今年とうとう5月に異性化糖の問題が発覚しました。

純粋はちみつ」に加糖の疑い?甘いのは蜂蜜だけじゃない
「純粋はちみつ」のラベルを付けて、「偽はちみつ」が出回っている可能性がある。
景品表示法に基づき、公取委の認可を受け設立された公的機関ではちみつ商品に関する適正表示を推進する社団法人「全国はちみつ公正取引協議会」(東京都中央区)は
定期検査で、規約に反して人工甘味料などの混入が疑われる商品が、過去7年間で延べ120点、検査対象の約2割に上っていたことが、読売新聞の入手した資料でわかった。
いずれも同協議会は、各業者に注意や警告しただけで十分な調査をせず、検査結果も公表せず隠蔽していた。公正取引委員会では問題を重視し、調査に乗り出した。
はちみつは日本農林規格(JAS)による基準がないため、同協議会が公正競争規約に定める基準が、国内唯一の指標となる。それによると、はちみつは「みつばちが花みつを採集し、巣に貯(たくわ)え熟成した天然の甘味物質」で、異性化糖や水あめなどの混入商品は「純粋はちみつ」とは表示できない。昨年10月には農林水産省の調査で、当時、同協議の会員だった都内の業者が、コストダウンのため、2割もの異性化糖で水増しした商品を「純粋はちみつ」として販売していたことが発覚、不適正な表示だとしてJAS法違反で改善指示を受けた。この業者の場合、同協議会の定期検査でも異性化糖が検出されたことがある(ソース:読売新聞2007.5.14)


またしてもしょうがない事件ですが、違法業者は情報のない消費者はだましていいと思って売りつけていたのでしょうか?
小さいミツバチたちがセッセと集めた蜜にを勝手に横取りして自分たちの利益のために加工していたとは許せん!!!!!

この事件は8月28日に(社)全国はちみつ公正取引協議会は再発防止策を発表。
公正競争規約の適正かつ厳正な運用のための諸対策(再発防止策)
平成18年度の定期検査において異性化液糖の使用が疑われた13社について追加調査した結果、13社のはちみつ製品のいずれについても、自ら異性化液糖をはちみつ製品に混入した事実は認められなかった。しかしながら、炭素安定同位体比法による検査の結果、異性化液糖の混入が認められたものが1検体あった。
 13社のうち12社のはちみつ製品については、炭素安定同位体比法の検査において異性化液糖の混入を示す結果は得られなかった。これら12社のはちみつ製品については、TLC法の検査において陽性反応を示した要因は、ミツバチの越冬時に必要な餌として使用された異性化液糖の残留分の反応か、あるいはアカシア等特定の蜜源由来成分に反応したものと認められる。
 13社のうち1社のはちみつ製品については、自ら異性化液糖を混入した事実は認められなかったが、原材料としたはちみつは輸入品であったことから、今回の追加調査においては、現地での給餌状況、製造設備等を直接確認することはできなかった。しかしながら、輸入前に仕入先から提出を受けた品質検査の結果と輸入後の製品について行った品質検査の結果を再確認したところ、両者には水分に関する基準値に大きな差異が認められる等、製品の同一性は認められず、当該会員の輸入後の品質検査が十分にできなかった事実が判明した。以上のことから、炭素安定同位体比法検査の結果と併せて判断すると、輸入前に検査した製品とは異なる製品が輸入され、結果的に異性化液糖が混入したはちみつ製品を販売してしまったものと認められる。


ウソツキは閻魔様に舌抜かれるからね


はちみつはミツバチが集めた花蜜が働きバチの胃袋に収めて持ち帰ったものを巣の中の若い内勤のハチに口うつしであたえ、受け取った働きバチもいったん胃に収めてから巣房に吐き出して貯蔵されたもの。さらに貯蔵されたものはロウでふたをして密閉したままじっくり成熟させ、完熟蜜にするのです。

そうなってこそ医食同源。

本物は手間と時間がかかるのです。
ですからその分お値段も高い。
本物の蜂蜜の見分け方は冬場は固まることです。

せっかく作るなら本物をそんな方が集まる会になりました。
かりんの日は本物の蜂蜜を北海道からとりよせます。


ちなみにオリゴ糖で作ったものはまずくって飲めたものではありませんでしたが、きび砂糖で作ったものはコクがあって美味しい。
こちらは当日味見できます
かりんの日の詳しいことは後日発表します。



きょうもお付き合いいただきありがとございます。


        感謝  だいだい



     はちみつをなめたくなった方はポチっと拍手お願いします。
| 秋のイベントかりんの日 | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。