123456789101112131415161718192021222324252627282930
2007-10-08 (Mon)
コメントの返信しようと半分書いたのですが、記事にしたくなったのでこちらに書きます。


コメントありがとうございます。
拍手もありがとうございます。

じわじわと人の輪が広がっていっているのがうれしくてたまりません。
気がついたらコメントのお返事怠っていました。
ごめんなさい 

皆さんのコメントを見ていて改めて自分の思いが湧いてきました。

今、色々な問題が表面化しているのは、これでいいのですか?と問いかけているような気がします。

地球環境にせよ、自然災害、戦争、病気、貧困あらゆる出来事は気づきのためであって、気づいたものから悔い改めていけば、まだ遅くはないと思うのす。

一時的に悪く見えていても、みんなの力と知恵と愛と勇気持ち寄っていけばこの局面が打開できていけるのではないかと祈っています。


北極クマのお母さんが安心して子育て出来るような環境に戻してあげたいと思います。
しかし北極の氷河をもう取り戻すことは不可能です。
温暖化のこの状態を維持できるのか?
果てしない崩壊に進んでいくのかそれは誰にもわからないことです。

人は未来をとやかく言うが
私は
予言は予言であって
人の想念を変えれば予言は変えられると言うならば、
暗い予言は打ち払いたいのです。

自分の思いを清めていくことができるのであればその事だけに努めたい。
現象の崩れた奥に真実があるなら、崩壊も喜びなのかもしれない。

悪くなったように見えてもそこから良くなる種をもっている。
その種を大事に大事に育てたい。
もし、その種自分の代で咲かなくても次の代、その次の代と引き継がれることを祈りたい。



心が崩れかける時には、先に一条の光を心に描いて進んでいこうと自分を鼓舞し、見えない種を心に抱くことが出来ることを幸せに思います。



きっと良くなる。
必ずよくなる。


前だけを向いて行きたい。

そんな私を見守っていてくれる人がいる。
ともに歩いていてくれる人がいる。
とっても幸せなこと。
ありがとうございます。

これからも折につけお付き合いくださればうれしいです。


           感謝    だいだい
| つぶやき | COM(1) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する