12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2007-10-07 (Sun)
日本にはその土地、土地につながる伝統的な行事や風習、保存食や土地独特の食べ方が伝わっていましたが~都会に住んでいるとそんな事すっかり忘れて暮らしています。

せめて何か一つでも残しておきたいと思って主婦に慣れてきた頃から母の真似をして子どものおやつの代わりになる。かりんの蜂蜜漬けを作って来ました。

杏一益、梨二益、かりん百益と言われるごとく、
滋養の多いものなのですが、その実は生食で食べるには固く、渋く、加工しないとたべられないしろものです。そんなかりんなので食養生の意味合いも兼ねて作ります。
 

身体が弱っている時ほど、滋養の強い食べ物を食べて身体を立て直すことが何よりも自然治癒力を呼び起こします。

秋の一日かけてつくり、翌日からしばらく可愛がってビンをゆらしてあげて、その後冷暗所で寝かし、様子をみながら完成するのは小正月を過ぎてから、手間と、時間と愛情をかけてこそ固い、かりんの実から水分と栄養素を引き出しはちみつのパワーと共に発酵していく様は愛おしくなります。

風邪気味のとき、のどの痛いとき、元気がないとき、ぬるま湯で薄めて、炭酸ソーダーで割って、ヨーグルトに混ぜてと使い方はいろいろ。困った時はカリンジュース 
時と自然が醸し出すハーモニーを感謝の気持ちで味わっています。



毎年作っているので、ひとりで作っているのはつまらないから友達を呼んで楽しく作っていたら、
だんだん秋のイベントになってしまい、昨年は13名の方たちと楽しく作ることができました。
せっかく人が集まるのだからみんなで環境問題について話す場にしようと午後はそれぞれの得意分野で環境問題について話し合う場にしています。


そんなことをやり始めてもう今年で6回目となりました。
今年もそろそろ準備を始める時期に 


日にちは11月2日金曜日にハピナプの秋のイベントも兼ねて計画してます。
また詳しく決まったらここでも発表させてもらいますね。

東京近郊の方は遊びに来てください。


きょうもお付きあいくださりありがとうございました。

               感謝  だいだい


            ぽちっと押していただくと励みになります
| 秋のイベントかりんの日 | COM(1) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する