12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2007-06-09 (Sat)
自分の使った物が自分の環境はたまた自然界を汚していることを知りました。

一回経血を吸い取ったナプキンは燃えるごみとして焼却されます。
その際、ゴミの中の食塩をはじめとする塩素の物質と、防水用のポリエチレンフィルム等を燃やすと微量ですがダイオキシンの元になります。

少しでも地球環境にやさしくしたいならゴミを作らないしかないのです。

平成18年5月27日のためしてガッテンでは
「すべてのゴミはダイオキシンの元、ごみ減量が肝心。捨てる量を減らすことが大切」
との内容でした。

ダイオキシンがどのような悪さをするか?
物を燃やすと物も中の塩素と反応してダイオキシンが発生して大気中に流れ込みます。
土壌や川に落ちたダイオキシンは土や水を汚染します。
その土や水で育ったものの中にダイオキシンは蓄積されて
おもに、肉や魚食物連鎖の王である人間は魚、肉、乳製品、卵などから7~9割程度、呼吸により空気から吸い込む量、土が手についたりして取り込まれる量、飲み水からの量として体内に蓄積されます。
からだに入ったダイオキシンの大部分は脂肪に蓄積されて体内に留まります。
ごくわずかな量が分解されて体の外に排出されますが、その排泄のスピードは大変遅いのが特徴です。

国では、平成9年大気汚染防止法、産業廃棄物法にもとづき、焼却能力の高い焼却炉を設置したり煙突などから出るダイオキシンの対策をしてくださっておりますが、
一番の対策はゴミをつくらないことだそうです。

私たちは地球の循環のシステムの中で生かされています。
自分たちが使ったものの一部が形を変え戻ってくることは地球の循環のシステムから言えばあたりまえのことなので、毒を摂取したくなければなるべく毒になるようなゴミは出さないことを心がけたいと思っています。
自分の生活の一部分を変えればゴミの発生が抑えられるのです。

わたしは大好きな地球のために布ナプキンを選択します。

たんぽぽ
Photo by PaPa Style
| 布ナプキンの使い方 | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する