12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2015-07-14 (Tue)

「どうやって寝てますか?」
そんな、問い合わせをいただいたのは、新婚2年目の初々しい奥様から~妊娠はからだは温めた方がイイよとのお話しをご披露していた時です。

「夏は彼がクーラー使うから、冷えちゃうの、でも、別で寝るのも嫌で~」

わかります・・・夜の冷え。

男の人はクーラのない生活なんて考えられないって人が多いのでは?

男性は筋肉量が多いので、発熱しやすく熱がり、女性は筋肉量が少ないので、発熱する量も程よく、外気にあわるのが上手。

そんな男女が同じベット(部屋)で寝るですもの、どちらかの意見に合わせないと・・・・


「だいだいさんはどうしているんですか?」

「うち?」

「ベット、ご一緒ですか?」

「~よくぞ聞いて下さいました、一緒よ。

どんないびきの中でも一緒に寝れる強靭な忍耐力、鈍感力を養われている最中。
その中に、寒さをしのぐ知恵って言うのも日々トレーニング中よ」

「どうやって寝ているんですか?」

「簡単よ~冬のカッコ・・・・未だに冬の掛布団だし、パジャマjもできるだけ肌の露出しないのを着てるよ」




クーラーでからだを冷やすことによって内臓は冷える、
冬は体温を下げないように末梢血管を収縮して体温を保持していますが、
夏は反対に体温を放散しやすいように血管を拡張しているからだになっています。
そのために体温を奪われやすい状態になっています。



だから出来るだけ肌の露出を避け、クーラの風をあたらないようにして寒さを防いでいます。


本当は、自然の温度で寝れたらと思いますが、ヒートアイランドの東京では無理な話なんでしょうか・・・・



譲歩できる方が譲歩して、無理なく、夜も快適に過せたらと思います。





| つぶやき | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。