123456789101112131415161718192021222324252627282930
2010-10-31 (Sun)
かりん

10月29日かりんの日。
7人の素敵な方々と楽しい時間を過ごすことが出来ました。

今年のかりんは小ぶりでしたが、実が引き締まっていて、パリパリっとしていて、今まで中で最高!のかりんでした。

びんつめ
まず、瓶に半分つけて、かりんからどれぐらい水分が出るかを見ています。
この後、じわじわとかりんの実から水分が出てきます。

はちみつに漬けてどうなるかが楽しみ。

2010かりんごはん

さつまいもとかりんの煮物
昨年漬けたかりんの実をさつまいもと煮ただけ。
味付けは塩を少々。
かりんは舌触りとえぐみがあって食べずらいものですが、一年はちみつ漬けされたかりんはほんのり甘くってやわらかく、さつまいもとの相性抜群です。



美味しい昼食の後は・・・・
参加者の方との語らい。

抗酸化 環境回復工房 『mixiえみな倶楽部』の方から会田総合研究所の抗酸化溶液を活用した、抗酸化グッズをはじめ、体験談や抗酸化溶液のさらなる可能性について教えていただきました。



また昨年、にんにく卵黄作りの時に来られた姿勢矯正ぞうりさんは二回目の登場でさらに進化をして来てくださいました。
姿勢矯正ぞうり
133.jpg
私たちは人類は便利なものを追求して平らな足元を作り上げてきました。
そして快適な生活を得ました。
本来、人の骨格筋肉は凹凸面の振動を吸収できるように進化し、現在の形状になりました。
今、生活環境の変化で足の退化が始まり、その歪みが全身に広がっています。
バランスの悪い固く抵抗力の無い体が病気作り始めています。
この姿勢矯正ぞうりは安定の悪い状態を自ら求めることにより、使用時は常に全身の筋肉がバランスを取り、固まっている筋肉をほぐし、弱っている筋肉は強化し、骨格を修正して姿勢が矯正されます。
又、内蔵の機能回復をも期待がもたれます。まずお試しになって、ご自分のバランス感覚を確認して下さい!!
特許出願中
【出願番号】2008-073035





小さな集まりですが、

折しも大型台風接近で久しぶりにぜんそくのお子さんをお持ち方が急遽来れなくなったとのハプニングもありました。


健康で過ごせることは何よりの幸せです。


日々の少しの自制や努力で保つことの大切さ。

バランスを崩して病気になった時には自然の中にバランス調整するものがたくさん仕組まれていること、
まだまだ私たちの知らない所で、
捨て去られてしまったかもしれない知識の中に埋っているのかもしれない。
と言う事を再認識した日でもありました。



かりんの季節本番。
公園や街路樹のかりんを拾ってきたら・・・・
作り方はこちら
| 秋のイベントかりんの日 | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する