12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2007-07-11 (Wed)
ハピナプのつどいから記事をUPします。
この記事はからだを守るために知っておいて欲しいのでオープン状態にします。


健康な女性なら月1度は必ずお世話になる生理用品、   
   ケミカルナプキン
   布ナプキン
   タンポン
どれも経血をガードしてくれる大切なもの、特にこれから蒸して暑くなる夏。
ぜひ清潔にお使いいただくための情報を集めてみました。


ご存知ですか?

トキシックショック症候群(TSS)


きわめてまれな病気です。


タンポンの誤った使用により発病する可能性があるといわれている病気です。

症状は突然始まり、
    ・高熱
    ・激しい頭痛
    ・のどの痛み
    ・目の充血
    ・極端な疲労感
    ・意識の混乱
    ・嘔吐
    ・激しい下痢
    ・日焼けしたような発疹
などの症状を起こします。

原因は黄色ブドウ球菌の作る毒素によってひきおこされます。

この毒素は
  *からだに感染した細菌。
   (怪我や傷口、やけどなどの局所感染)

  *体表にいる細菌
   (膣に挿入した吸収性の高いタイプのタンポンで増殖する菌など)

間違った使い方とは

タンポンの  
        再使用
        一回の使用時間は8時間を越えない
        8時間以上の就寝際は使用しないこと
        分泌物に異臭のある時
        「使用上の注意」に記載してあること

まれにしかならない病気でも一度でも発症したら大変です。

そのために予防が肝心
       まず、手洗いをして手指の清潔を保つ
       タンポンの連続使用はしない
       一回の使用時間は8時間以内
       タンポンとケミナプの交互の併用。 
       タンポンの紐を切らない
       タンポンを一度に2つ以上挿入しない   
       タンポンを取り忘れしない

もし、タンポンを使用していて上記のような症状が出たら、直ちにタンポンを取り出して産婦人科医などのの専門医に相談する事、その際医師にタンポンを使用したことを必ず伝えてください。

早期受診が命を救う事になります。

色々調べると量が少なめ(終わりかけ)の時は吸収力が高いタイプのタンポンは使用しないほうが懸命です。

生理は毎月ことで慣れた習慣ですが、タンポン派の方はもう一度使用上の注意を読み返して正しくお使いください。



ケミカルナプキン、布ナプキンとて長時間使用したり、不衛生していることはご法度。
自分のからだを守るためにも清潔に。



生理は
命の種を育てる女性しか行えない神聖な行事です。




参考
http://www.jhpia.or.jp/TSS/overview.htm


守ろう!自然環境、女性のからだ、未来の子ども。
Photo by PaPa Style


にほんブログ村 環境ブログへ

| ハピナプの集い | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。