12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2007-06-29 (Fri)
知っている方も多いけど私大変不精者です。
不精者がエコをするのはすごく大変。

だけど母なる地球が悲鳴を上げている。
自分が変われば地球を楽にしてあげる事ができるから。

だからこの時代にわざわざ生まれて来たのだから~

目をそむけず、足元の小さなことからコツコツ出来ることをしていくことでが大切なんだと知りました。


怠け者と不精者からエコロジストに大変身しようと決意を固めたのですが、
しかしやはり、根は不精者。

その、不精者がいかにラクしてエコするかの方向に神経を尖らせた結果、

パットを使い捨てする方法をあみだしました。(大げさな~)

リサイクルできない洋服をゴミとして捨てる罪悪感もなくなる方法です。

スイートコットンのひも付きのホルダーなら3Rパットをきちんと押さえる事ができるので、トイレで落とす心配もなく使えます。

●使い捨てに出来る(3R)パット 

-材料-
  不要になった
  Tシャツ、
  シーツ、
  タオル
  ハンカチ
  さらし
  オムツ

など家の中で眠っている木綿の布をおおよそ20×30センチの大きさに切る。
(レギュラーサイズを基準)

布地によって大きさは自由。

その布地をホルダーにあう形に折り、
たての長いほうをホルダーのひもの部分に挟み込んで使用します。

吸収させる事を考えてタオルシーツの組み合わせにしたり、
厚さ、肌触りは組合せによって調整しください。


たんすに眠っている誰も袖を通すことのない浴衣、硬くなってしまったバスタオルなど家の中にはたくさんのパット予備軍がありますよ。
ただ捨てるだけではなく、最後に一仕事させてあげてください。

このリサイクルパットの良いところは惜しみなく捨てられるところ。

もちろん洗って何回も使いたければ使ってもかまいません。

外のエチケットボックスに捨てる時は必ず紙に包んで捨てましょう。


<追加>

衛生的に使うためにも3Rパットを作ったら必ず一度洗ってからお使いください。

ゴミの総量を減らす事が叫ばれていますが、ただ捨てるだけでなく、どう処理するかによって物のいのちを伸ばす結果になります。


最後まで生かして活かして逝かして。


7月1日のハピナプの集い
3Rパットの作り方実演、組み合せの面白話、ここでは書けない失敗談もはなします。

興味のある方は遊びに来てください。



にほんブログ村 環境ブログへ
| 布ナプキンの使い方 | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する