12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2007-06-28 (Thu)
はじめてお使いのときは終わりがけの量の少ない時から始めることをお勧めしています。


ここからは使い方に入るので使いたい方は続きを読んでください。

皆さんのお話聞いていると経血の量は個人的、普通は人と比べたりしないので、自分がスタンダードの世界。

ですので、なかなかこれをそろえたらいいよとお勧めしづらいのです。
パットも色々な種類とサイズがあるので自分にあったスタイルを見つけてください。

個人差がありますが、初日、二日目、経血量が多い時はM(レギュラー)サイズで過ごし、こまめにパットを取り替えることで粗相を防げます。ホルダー側に経血がつくのがイヤな方はホルダーパットの間にワッフルシート、あるいは自分でを支度してその布を挟み厚さを増やし吸収させると良いようです。

それでも漏れが気になる方は防水シートホルダー側に入れることでホルダーの汚れを防ぐことができます。

ホルダーパットの組あわせを楽しんでください。


終わりかけのころはハンカチタイプが重宝します、
折りたたむ面を変えて、衛生的にお使い下さい。
寒い時期はネル面、暑い季節は蒸れ防止にコットン面と季節に合わせて両面使うことが出来ます。

寝ているときの漏れが心配な方は、ケミカルナプキンの上にパットを敷いてお使いくださってもかまいません。

ナイト用のホルダー・パットはお尻の面が広いので安心です。
また巨大なナイト用のハンカチタイプがあります。
大人のオムツほどの大きさですがそれを経血量の多い方に、「これなら、どう?」とお勧めしたとところ「無理、無理~半端じゃないから」とのお言葉、
即婦人科受診を勧めてしまいました。

個人差があるとは言えあまり経血量が多いのは病的な原因が潜んでいる可能性もあるので、一度病院で調べてみておかれたほうが安心ですよ。

婦人科も一度足を踏み入れてしまえば普通の病院と変わりありません。
むしろ、プライバシーは婦人科のほうが厳しいと経験上思うのですが~いかかがでしょうか?


布ナプキンにして経血の量が少なくなったとの話は私たちの仲間ではあたり前のこと。

7月1日のハピナプの集いでもそんな体験談もどんどん飛び出します。
興味のある方は遊びに来てください。


すぃーとこっとんの全商品も触って確かめることができます。



にほんブログ村 環境ブログへ
| 布ナプキンの使い方 | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する