12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2009-01-30 (Fri)
冬のハピナプの集い、にんにくの日の参加者が急増うれしい悲鳴です。



だいだいは夫の母が早くにお亡くなりになっているので、お姑様(おかあさま)がいません。

良いも悪いも親がいないってことは寂しいし、何かと不便で、こんなに大変なものかと言う事を結婚当初からじわじわと感じ、寂しくいました。

そんなだいだいの寂しさをお姑様(おかあさま)は天国から見ていてくれているのか、どこに行ってもお姑様代わりの方が現れて、影ひたなになって支えてくださっています。


その方たちがいるので今のだいだいが出来あがったと言っても過言ではありません。


その中の一人、にんにく卵黄を教えてくださった「東京のお姑様」です。

だいだいの一番具合の悪かった時に支えてくれた命の恩人です。


自称「普通の主婦」ですが20年近く気功をやられる方で自然体とはこういうことを言うのか~普通にしていながら~普通じゃぁない!

日々のからだの鍛練の積み重ねがいかに大事かがわかります。

それとともに毎日を大切に、大事に家族のために食事を作る、家庭を守る、夫を立てる、子どもを育てる、御近所さまを大事にする。日々の何気ないことを大事にされて過ごして来られたという事が会話の端々から流れ出て、それでいて押し付けがましくもなく、淡々されているのです。

何かあるとさりげなく電話が来て~さりげなく助けてくれます。

最近では「集い」の時にはランチの担当になってくださり、いつもおふくろの味でもてなしてくださいます。


にんにくの日は、寒い時期のお野菜を使った料理とふっくらおこわ、絶対に真似の出来ない塩梅のお新香の予定です。


お新香だけでも来て食べる価値あり!
腹を立てない人のおしんこは最高です。



ぬか床をもらってもだいだのお新香は同じ塩梅につかりません。
それどころか何度もぬか床をダメにしてしまいます。
いろいろ検討した結果、置き場所が一定していないからではないか?との結論に達しました。
あったかいマンションと狭い台所事情のため・・・・




いずれ年気の入った甕ごとゆずり受ける約束をしているので、そのころには一軒家で~広い台所で~ぬか床の甕がドーンと鎮座する家が立てられるように青写真を書いて願っています。
「そのために頑張って働いてね~」と夫様にも発破をかけています。

ぬか床のために建てる家っていったい・・・・



でも一番大事なのは腹を立てずに何事にも自然体で生きれるようにすること・・・・
きっと天国のお姑様もそのことを一番に願っている事でしょう。





自然体・・・自然体・・・自然とにんにくの日に集まる方は自然体候補の方たちばかり、共に自然体の道を歩んでいけることがうれしいです。



2月19日はたくさんの方とお会いできそうで今から楽しみです。

もう少し定員枠がありますのでお早目にご連絡ください。


感謝をこめて

だいだい
| 冬のイベントにんにくの日 | COM(3) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。