12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2008-11-28 (Fri)
 赤ちゃんってホントにかわいいですね。

7月の終わりに生まれた男の子を連れて遊びにきてくれたのはYちゃん。
おっぱいのあげかたも堂々としていて、とてもはじめての子育てとは見えない母親ぶり。
赤ちゃんのSちゃんもにこっと笑う時期、かわいさに目が離せなくなりました。

  「何にも問題ないでしょう~」というと

 「そうでもないんです、もしかしたら卵アレルギーじゃぁないかと病院行ったんです。」

 「え~どこが?」

 「頬のところのただれで病院に行ったらそんな話で・・・・」


確かに頬や耳のあたりに肌荒れが~
わが子の小さい頃にぜんそくで小児科に通い慣れて、アレルギー子のための回転食を推奨した料理教室にも出入りしていたこともあるので、上から下まで全身真っ赤なアトピーっ子を数多く見ているだいだいにとってはこれぐらいで卵を除去の話をすることにびっくり!
時代が変わった。昔はなかなか聞き入れてもらえなかったことなのに。



 「たまごのものを食べると出るみたいで~卵食べない方がいいかなぁ?って思っているの」


 「卵のものってたくさんあるのよ、卵を食べないだけじゃぁなくてケーキとか、マヨネーズや卵を食べないだけじゃぁないのよ。」

除去食は大変な苦労が伴います。
何んでも食べていた所から一気に食べられるものがない状況に陥ります。


 「そうなんだ~卵だけじゃぁないんですね。」

 「そうよ除去食は大変だよ。
その前にお菓子とかジュースなどの甘いものや加工食品y肉食を少なくして、昔ながらの日本食を食べることをお勧めするよ。」

 「お菓子か~」

 「量を抑えるからはじめてみたら?質の良いおっぱいを作ることは後々のためだよ~甘いものはからだを冷やすから乳房のトラブルにもつながるよ~」

 「そ・そうなんですか?~お菓子やめよう。」

かなりお菓子好きとみた!


 「お肉は主人が好きなんです。」


 「肉食を支えるためには家畜を太らすための穀物や水が必要になるけど、現在200億頭もの家畜がいるんですって、 この数は世界総人口の3倍以上、肉の生産を減らせば 穀物の消費も減り、ついでに、発展途上国で飢餓に苦しんでいる人達にまわすと畜産で使われていた穀物分で途上国の飢餓を充分救えることになるんですって、地球のために、環境のために肉食を控えている人が増えているのよ~。」

 「へぇ~私たちの食生活が変わると発展途上国の人に食べ物が回るんですね。」


 「地球温暖化になると穀物の生産力が低下するってかもしれないって言われているし、外国からの輸入にかかるCO2の排出もばかにならない。これからの私たちの食生活をどうするかが温暖化を防止する鍵になるかもしれないよ。」


 「この子が生きていく時代に地球に食べ物がないと嫌ですよ~。」


 「そうだよね~
昔の日本食は肉はめったに口にしなかっただろうし、野菜と、魚と大豆、海藻を食べていたのよ、地産地消とか三里四方とか言って地元で採れるものを食べている時代がなが~く続いていたのよ、その時代には戻れないけど、出来るだけ加工食品や、添加物いっぱいのものは避けて、昔ながらの日本食を食べることが、質の良いおっぱいにつながるよ、もちろん自分のためにもなるし、ご主人の健康のためにも良いですよ。ぜひ試してみて。」


 「ハイ。
卵、卵と思っていたけど、まずは食生活から見直します。」



自分のためにはなかなか実行に移せないことですが、赤ちゃんのために食べ物の質を変えることができる、母親って特殊な生き物だと思います。そして何十年と染みついた行動を変わらせてしまう赤ちゃんのパワーは何んと偉大なものでしょう。



お話している最中にニコニコ笑っていた赤ちゃん。
「おいしいおっぱいが飲みたかったんだよ~Thank you~」って言ってるようでした。




子どもたちが成人する時代はどんな時代になるでしょう。
赤ちゃんのおっぱいの話から壮大な地球の環境にまで飛躍してしまいましたが~

食は人を作る。と言うそうですね。

良~く考えてみると食に関することで膨大な時間とお金を費やしています。
からだ作りから言ったら無駄なことがたくさんあるのかも。シンプルに食を選ぶことが、地球と地球の中のすべての生きものと仲良く暮らす秘訣なのかも知れません。




今日もお付き合いくださりありがとうございます。

感謝をこめて。

 だいだい 
| エコ心 | COM(2) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。