12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2008-10-31 (Fri)
だいだいのかりんの蜂蜜漬け

DSC01058.jpg


かりんには本かりんとマルメロの二種類があります。
本かりんが丸くツルっとした実で、大変に固い実です。
マルメロの実はゴツゴツしていて、産毛を持っています、
実はリンゴのようにサクサクしているので扱いやすいので私はマルメロを使用しています。

はちみつは国産(北海道産)のクロバーの花の蜜から集めたはちみつを使用しています。


約2Lの瓶で作る場合
材料   かりん(マルメロ) 3ヶ
      はちみち      900㌘(適宜)



準備   瓶は熱湯消毒をしておく    

作り方  マルメロは産毛があるので、
      たわしでこすりながら洗う  
       
      皮をむき芯をとる
      
      実をくし切りにしてビンにつめる
      
      半分つめたら蜂蜜を入れ、
      
      またかりんを入れてサンドイッチする。
      
      7分目ほど詰めたら上から蜂蜜を注ぐ。
      (かりんから水分が出るので、入れすぎないこと)
      
      上からラップをする。
      (空気が触れたところが褐色するので、その防止のため。)

写真は作りはじめて3日目。

DSC01128.jpg


保存   醗酵しはじめるので、ふたは軽く置いておく程度。
      目の届く静かな所に置いて5~7日間ほどこの作業を繰り返す
      醗酵中これからかりんの水分が混ざりあうようにゆっくり瓶を傾けて
      下に貯まっている蜂蜜を時間をかけてしゃぶしゃぶにさせます。

      混ぜる時はふたをしめますが~そのあとは醗酵に酸素が必要なので
      ~ふたをゆるめておきます。(密閉すると爆発の危険も)
      あわが出たり、吹き出してくるので慎重にしてください。

      ラップをするのは
      空気に触れている部分の実が酸化して黒くなると液の色が濁るので                       空気の層を遮断するためにラップをします。
      出来るだけ空気の層に触れない様に清潔な箸をラップの上から押しだし
      空気の層を端に追い出します。

      

      手をかけてあげる事で美味しくなります。

      


      蜂蜜がゆるんで液状になったら、上のラップに空気の層を作らないようにして
      ふたをしておく、
      醗酵の度合いによりこぼれることもあるので、
      新聞紙をおいておいた方が良いでしょう。    
       
      今年は気温が高いのでマンションなどにお住まいの方は
      保存するところの温度が高いと醗酵が進みすぎてアルコール臭がしてしまうので、
      場所は出来るだけ涼しいところへ


      冷暗所に移動し2~3ヶ月熟成させます。 
      (気の早い人は待ちきれなくて12月の終わりごろから食べ始める人がいます。)


写真→約2か月寝かしておいた状態(玄関脇の倉庫に保存)
上の方のかりんが空気に触れて褐色になってきている。 
DSC01021.jpg




完成    消毒した瓶に移し替え
       ラップをはずし褐色している部分や白く濁った部分を
       取り除き液体と実に分けます。

052.jpg
064.jpg
067.jpg






飲み方  ジュースは微温湯や炭酸水で薄めて飲みます。
       はちみつの成分は高い温度が弱いのでぬるま湯で薄めて飲むのが効果的
       
       風邪の時の喉の痛い時にはおちょこに半量ほどを薄めて飲みます。
       また、うちではヨーグルトに入れています。

   
065.jpg

       実は
       紅茶にいれたり、
       細かくしてパンケーキに混ぜたりして食べます。
       ひと手間かけてこの実をホーロの鍋で煮てジャムにすることができます。




ひとくちメモ
昔からの民間療法で、かりん(花梨)の果実の薬用酒や砂糖煮、砂糖漬けは、咳止めや風邪の諸症状の緩和、疲労回復に効果があるといわれてきた。 
バラ科カリン属の落葉樹の果実であるカリンの原産地は中国。
漢方では“カリン酒”を飲めば、咳や痰を止めるとされている。
 そのわけを科学的に検証してみると、
咳止めの有効成分は「アミグダリン」という青酸性の成分で、これをアルコールに漬けたり熱を加えると、加水分解して咳止めに優れた効果を持つ「ベンズアルデヒド」という物質に変化する。
なお、青酸性の成分といっても、ごく微量なので心配はない。
 また、カリンにはこのほか、ビタミンCやリンゴ酸、クエン酸、タンニンなどが含まれているので、これが風邪の諸症状の緩和や疲労回復に役立つという。


簡単に作れます。
やってみてください。

感謝をこめて
だいだい
| 秋のイベントかりんの日 | COM(0) | TB(0) |















管理者にだけ表示を許可する