12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2015-01-15 (Thu)
先日ご予約いただいていたお客様から、当日キャンセルをいただきました。

「すみません、昨晩から生理になってしまって、今日はいけません。」

「ひどいの?」

「もう、痛くて、痛くって・・・ベットから起き上がれません。」とのことでしたので、

来たら良くなるよ~
嘘のように楽になるよ~
と言いたかったのですが、その一言はやめて、

「じゃぁ、具合が良くなったらまたご連絡ください。」とお話しました。

何日も前から、楽しみにしてくださっていたのに痛みによって行動が左右されてしまうのはお気の毒に思います。


女性相手のお仕事ですので、そのようなことは時たまにあり、最近は慣れっこにもなりました。


世の中の女性は、生理痛で苦しんでいる方がたくさんいらっしゃいますね。
医者に匙を投げられ、漢方薬やサプリメント、民間療法をさまよい歩き、
これで良くなる、痛みから解放されると信じて・・・・裏切られる。
そんな繰り返しの中で、人を介して、だいだいの所に立ち寄られる方がおります。


今日は来られなかった彼女と生理痛で苦しんでいる方に向けて書かせていただきます。


からだの声を聞かせていただいていると一様にほんとは、気持ちよく、心地良いことでも、不快に感じられ、痛かったり、苦しくなったり、との反応が見られます。

日頃の無理が「からだ」と「こころ」をどれだけ痛めつけているか~


下腹部はしこり、足首は固く、足先は氷のように冷たいのです。

痛みは「こころ」の悲鳴のように感じます。

冷たさは固まった感情のように!


時間をかけて温かさをよみがえらせますが、持続するにはご自身の努力が必要です。
「必ず良くなる」と思ってその努力を長く続けようとなさる方は大変少ないのです。



「自分で治すことができない、誰かが治してくれる。」そう、思いこまされているのでしょうか?

心の底の底で「こんなものでは治るほど、私の病気は楽な病気でない。」と思うのでしょうか?


実は密かに・・・・
「この病気が治ったら、あの人を縛りつける口実がなくなる。」と思ってはいないでしょうか?



あなたの本心は・・・素の「こころ」は「何を」「どう」思っているのでしょうか?



本当に治りたいのなら、痛みのひどい時に治る努力をするべきだと、だいだいは思います。

ベットで寝ていても治るのなら、寝ていてもかまいません。

だけど、本当は「痛みのないからだ」を求めているならば、
治る努力を積み重ねていかないと、治らないと思うのです。





なぜ?痛みが発生するのでしょう?


本来、生理痛は痛みが伴うものなのでしょうか?



からだの中の自然の現象として、溜まっていたものが湧き出し流れていくもの

鼻水
唾液・・・・


流れて行くのに必要以上に痛みが伴うでしょうか?


涙を流す時、目は痛い?顔まで響く?


鼻水が流れる時、鼻が痛む?顔がゆがむほど痛くなる?


唾液は絶えずあふれているけど、あごが痛む?耳に響くことはあるかしら?


食べ物がカスとなって、スムーズに出るとき、大腸や肛門は悲鳴を上げる事はないでしょう?

(たまに詰まらすこともあるけども・・・)

自然に流れるものは痛みを伴う事はない。

では、何故に生理に痛みが発生するのでしょうか?


自然に流れるものが自然に流れないのは、どこかに不自然が生じているからに違いありません。



その不自然は「こころ」に書いた、「なにか?」の現れなのかもしれません。


「何を」「こころ」に書いているかは自分しかわからないのです。


怨むこころ、

怒るこころ、

欲張るこころ、

悲しむこころ

妬むこころ、

争うこころ、

残念だと思うこころ・・・・



「痛みごころ」がからだの痛みの根本的な原因なのかも知れません。




あなたはそんな感情を持っているのが本当は嫌なのです。


本当の自分に帰りたいから、
「嫌な思い」を捨てたいけど、捨てられない・・・


掴んでいるから、からだも掴まれるように痛むのです。





「痛みごころ」は捨ててしまいましょう。


「嫌な感情」は流してしまいましょう。




もう、過去に帰ることはできないのです。


いつまでも、過ぎたことを思い返すのはやめましょう。


そんな、あなたは本当のあなたではないのです。


過去でも未来でもなく、今、あなたは生きているのです。




今、所有しているすべてのモノを真剣に見つめましょう。


今、手にするモノの重みやぬくもりを感じましょう。


今、唇に触れるモノに感謝しましょう。

今、

今、

今、を真剣に味わいましょう。




あなたは子どものように誰にでも笑顔を向けて、自然にあいさつする人なのです。



あなたは見返りを求めずにただただ、愛を与えるだけの人なのです。




あなたは誰とも争うことのないあなたが、自然な姿なのです。





「自然なこころ」に戻ると「からだは」本来の調子を取り戻すことでしょう。






そんな日が来ることを、だいだいは祈っています。



















スポンサーサイト
| つぶやき | COM(4) | TB(0) |
2015-01-13 (Tue)
ふじさわ

訪れて下さってありがとうございます。


ひさしぶりに海の陽気を堪能してきました。

母なる海=産み

今年もたくさんの事を生み出していきたいと思います。

どうぞ、今年もよろしくお願いいたします。

感謝


だいだい















| つぶやき | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。