123456789101112131415161718192021222324252627282930
2011-04-22 (Fri)
16日時間が出来たので、渋谷のユーロスペースで上映している ミツバチの羽音と地球の回転 を見に行きました。

中国電力が山口県上関(かみのせき)町に建設しようとしている上関原発の反対運動を行っている3キロ離れた沖合いの島、祝島(いわいじま)の人たちのドキュメント映画であると同時に、スウェーデンのグリーンエネルギー政策、オーバートオーネオ市の自然エネルギーだけでまかなっている持続可能なエネルギー状況。
日本の未来のエネルギー政策になりえるかもしれない、小規模分散型の自然エネルギー を提案し、青森県六ヶ所村二又風力発電所の34基の風車が紹介されます。
単なる原発反対の映画ではなく、どうすれば脱原発ができ、持続可能な社会が作れるのかという提言まで行っている素晴らしい映画です。

詳しい説明はここをクリック

映画の中で「上関原発を建てさせない祝島島民の会」代表の山戸貞夫さんが「これ、前からはっきり言うとんやけど、島の人たちだけで原発計画つぶすっていうことは絶対にできん、だけど引き延ばすことはできるぞって、こちらが出来るだけ引き延ばしている間に、社会情勢がどんどん変わってきて、原発がもう必要のないような世界になってくれればいいし、もう、原発はだめといいう風な世論形成ができてくれればいいんだけど(後略)」
と語っているシーンがある。

大地震、大津波、福島第一原発の爆発と、全て夢であってほしいと願うほどの大きな犠牲を払ってしまったが今、国民みんなの中に「原発はだめ」と言う思いが湧いているのではないか。

映画に映し出される祝島の豊かな自然、千年にも続く祭りの風習と文化、笑いに満ちた豊かな人間関係とその営み、わけのわからない経済を追いかけた都市の生活とはかけ離れた豊かな生活がそこにはある。いつまでも大事にしなくてはいけないと思った。

2基の原発が立つことで祝島の人々の生活は確実に奪われる。
そんなことはしてはいけないと思う、そして、フクシマの人の事を思う。
何キロ圏内なんてお役所仕事で区切られてしまうけど、大震災まではそこに人々の暮らしや文化が息づいて、豊かな日常があり、それらを置いて避難されていることを思うと胸が張り裂けそうだ。

ヒトタビ暴走した原発は止めることはできない。
どうして、そんな当たり前のことを考える事が出来なかったんだろうか?
安 全 神 話 なんて馬鹿げたものを信じてしまっていたんだろう?

本気で目を覚まさないといけないと思った。

誰かが犠牲にならなくてはいけない社会、誰かから奪いとらなくてはいけない社会とかはもう嫌だ。



| つぶやき | COM(0) | TB(0) |
2011-04-15 (Fri)
東芝の社長さん


「原子力はエネルギー確保と環境問題を解決する有力な選択肢であることに変わりはない」と指摘。安全対策を強化した上で、引き続き原子力事業に積極的に取り組む意向を強調した。」

目を覚ましてよ。





放射能を大気中にばらまいて、海にもたれ流して、それ自体が環境問題ではないですか?



こんなリスクのある社会にした責任は感じていないのでしょうか?



廃炉にするまでにどれだけの人の健康を害することになるのかわかっていらしゃるのでしょうか?



下請け、孫請けの人の命はどうでもいいのですか?



放射能を浴び過ぎて癌になった人は殉職者として、慰霊碑でも作るんですか?



・・・それよりもお宅の会社の優秀な頭脳の社員を再生可能エネルギーの開発に回した方が世の中から喜ばれる人になれると思うのですが・・・・


自然から豊かなエネルギーを謙虚にいただきながら繁栄出来る時代になりたい。


太陽光発電
風力発電
水車
波力発電
地力発電

自然には豊かな力が秘めています。

ここ見てください。
この絶望の時だからこそ、一筋の光となりえる知恵をいただきました。

最後のまーちゃんの歌にジーンときました。
★優ちゃんまーちゃん★全国ツアー♪<



『今こそ、日本再生』
~希望の未来を切り開こう~

★優ちゃんまーちゃん★全国ツアー♪

講演:田中優
唄:南ぬ風人まーちゃんうーぽー



東芝の佐々木則夫社長は14日、報道各社のインタビューに応じ、2015年度までの原子力事業の中期計画について、目標達成が遅れる可能性を示唆した。同社は15年度までの目標として、世界で原発の新規受注39基、原子力事業の売上高1兆円を掲げている。
 佐々木社長は東京電力の福島第1原発事故以降、「新設をやめると言ってきたところはない」としたものの、安全規制の変更などで「(原発の新規)着工が遅れるところはあるかもしれない」と予想。事故の影響を踏まえた今後の事業戦略を5月に公表する方針を示した。
 一方で、「原子力はエネルギー確保と環境問題を解決する有力な選択肢であることに変わりはない」と指摘。安全対策を強化した上で、引き続き原子力事業に積極的に取り組む意向を強調した。
 復旧作業が続く福島第1原発に関しては、「廃炉は最短10年で可能だ」との見通しを表明。当面は仏原子力大手アレバなどと連携し、放射能汚染水の排水作業を最優先する考えを明らかにした。(2011/04/14-17:40
| つぶやき | COM(0) | TB(0) |