12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2011-03-25 (Fri)
23日の夕方、残念なことにペットボトルの水が都内から消えました。

あさましい・・・と思い、ほんとに必要な赤ちゃんにお水が届きますようにと祈りながら帰り道を歩いておりました。


「あっ、うちに水があった」


先月、マンションの備蓄用の水が消費期限が切れる前に各家庭に1ケース払下げと言う事で2Lのペットボトルが6本が眠っていました。


天からの恵み、これを必要としている人の元へ。


夜から親しいママたちに「困っていない?」とお電話で伺いしました。


まずは1月にブログに書いたhttp://happynapkin.blog107.fc2.com/blog-entry-332.html彼女が無事に2月に出産されたのばかりだったのでそのお宅にTEL。


「母乳で頑張っているから大丈夫です。親戚が水を送ってくれることになりました。」とのことで一安心。



何軒かお電話して朝になったら、兵庫の縁者から
「東京は大変だなぁ~大したことはないかい?昨日の晩に水とお茶を送っておいたから」
とうれしい報せ。
日本中からお水のペットが消えたって言うのはこのような事に起因しているのかを垣間見見ながら、有難く量が増えたので身内可愛さに姪っ子の分を省かせていただいて、乳児から幼児まで広げて年齢の低い子から連絡を取りお分けしてきました。

どのママさんも冷静に対応していて、「お水大丈夫?」って声かける私があおっているんじゃぁないかと思ってしまうくらい落ち着いている。


被災地の事を考えたら、家があって、ご飯が作れて、寝る所があるだけで幸せって声を聴いた。
ほんとにそうだ!



久しぶりに会ったらおしゃべりが上手になって、英語の歌まで披露してくれるようになったS君はお別れするのが辛くって大泣きしてくれて、彼流の感謝を現わしてくれました。


子どもってなんとかわいい存在だろう。


この子たちの未来が明るいように、こんな不安な生活をしなくていいように考えなくてはいけない。


便利さや豊かさばかりを追求して、偽物の安心を掴ませられていていたことに目を向けなければいけない。



原子力発電所の恐怖はこれで終わりにしたい。



どのご家庭も早く安心して子育て出来る日が来るといいね。





■金町浄水場の水、乳児の摂取制限を解除
(読売新聞 - 03月24日 13:49)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110324-OYT1T00588.htm?from=navr
スポンサーサイト
| つぶやき | COM(0) | TB(0) |
2011-03-17 (Thu)
原発くん

毎日毎日、私たちのために電気を作ってくれていたんだね。黙々と作ってくれていたから、夜も怖くなかったし、温かいご飯も食べられたし、快適な部屋の中で過ごすことが出来たんだね。

そんなこと当たり前のように思っていたけど、原発くんと原発くんを見守るお兄さんたちと地元の人たちのおかげだったんだね。



今ごろ気がついても遅いけど、みんなにありがとうって言いたい。




それよりも、原発くんが怖いから大っ嫌い!って思っていたし、勝手に敵だと思ったこともあったよ。


ごめん・・・・




原発くんはただただ電気を作り、与えてくれてたんだね、豊かな生活が出来るのは原発くんのおかげなんだよね。
それを考えずに嫌っていてゴメン、改めて・・・ありがとう。





原発くんは巨大地震からウランちゃんを素早く守り、大津波にも耐えてくれていたんだね。


よくぞ、ウランちゃんを守ってくれました。


えらかったね、原発くん。


ありがとう原発くん。



今、勇気ある人たちがお薬とお水を持って行くからね。


計器類がダウン「暗闇」の対応
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=1537639&media_id=2



壊れたところもたくさんあるんだね。




痛かっただろうね。




苦しかっただろうね。




不安だろうね。



ヘリコプターからのお水が届いたかな?


一息つけたかなぁ~



もうちょっとのガンマンだよ。




私には原発くんに何にもしてあげられないけど、原発くんと原発くんのまわりの人たちが一日でも早く良くなるように祈ります。




そして、電気をあまり使わないようにするね。



これからは欲ばらず、つつましく暮らすことを覚えるね。




人間だけが偉いんじゃぁない!
動物も植物も鉱物もあらゆる自然が人間を支え合って地球の中で生きていることを考え直すね。




多くの人と考えて私たちのこれからの行動を変えて行くね。




だから、だから・・・・頑張って。









原発くん持ちこたえておくれ、また仲よく暮らす日が来ればいいなぁ~

だって原発くんも仲間だってことがわかったから。



同じ地球の仲間なんだよね。



人間の進歩には欠かせない仲間なんだよね。



人間がもっと賢くなって、いろんなものを犠牲にして生きて行かなくてもいい日が来るから・・・・




自然の中で多くの生き物と共存共栄できる日が来るから・・・・




誰からも奪うことなく、与えあい、分かちあい、心豊かに暮らす日が来るから・・




きっと来るから・・・





その時が来るのを見守ってね、原発くん。





| つぶやき | COM(0) | TB(0) |
2011-03-14 (Mon)
2号機の燃料棒露出 一時空だき
http://mainichi.jp/select/weathernews/news/20110315k0000m040052000c.html

東日本大震災で、東京電力福島第1原発3号機で14日午前11時ごろ、1号機と同様の水素爆発が発生し、原子炉建屋(たてや)が吹き飛んだ。政府は「燃料棒のある圧力容器と格納容器は健全」としている。一方、2号機では冷却機能が喪失し、燃料棒が完全に露出し、一時空だきとなった。東電は原子力災害対策特措法に基づいて国に原子力緊急事態宣言を求めた。 危険な状態が続いているようです。


安全神話なんて不遜なことを言っていたのに、いったいどこが安全だったんだろう?
危険なことを見て見ないふりして湯水のように電気を使い続けた私たち。
なんて、馬鹿なことをしてしまっているんだろう。

誰の責任でない!己の可愛さのためにだらしなく許してしまったことに責任がある。

節電心がけます。

これ以上事故が広がらないようにただ祈ります。

危険な場所で身を挺して働いてくださっている東電職員の方が最大限の力を出して作業していただくためにただひたすら祈ります。

被ばくされた方の健康をただ祈ります。
| つぶやき | COM(2) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。