12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2010-05-28 (Fri)
私は肉食をしています。

出来るだけ、回数は少なくしているものの、家族の希望を叶えると肉食の料理が食卓に並びます。

「私たち家族の健康を支えてくれてありがとう」
と感謝をしながらお料理していますが、「いのち」をいただくことに一抹の罪悪感を抱えながら・・・・


肉食について、殺生のことや牛や豚が食べる穀物が貧しい国に人に行きわたれば多くの飢餓の問題が少なくなるなどの事は理解していましたがそれ以上に多くの問題が孕んでいる事を口蹄疫の問題は問いかけられています。


美味しい肉を作るために種牛がいるとか~

人間に害がないのに、肉質が悪くなるから殺しちゃうとか~

貿易のランクを守るためにワクチンを打たないとか~


なんか、おかしくないですか?


牛や豚たちに「いのち」の尊厳はないのでしょうか?

私が食べていたものは「いのち」そのものではなかったのでしょうか?

畜産とは「いのち」と「いのち」のリレーではないのでしょうか?

そう、思いながらも目をそらせたら駄目と思いつつ、見て見ぬふりをしてきましたが、今日そっぺさんと云う方の日記に触れる機会があり、もっときちんと考えようと思いました。




そっぺさんの日記を転記させていただきます。


       


ぼくは牛です

 普段はしゃべることはできないんだけど
 今日は特別に人間語を話せる魔法をかけてもらったんだ
 
 今ね、日本の宮崎県っていうところで
 口蹄疫という病気が流行ってるよね

 ぼくら牛とか友達の豚とかヤギとかキリンとかシカとか…
 足の爪が偶数に割れてる動物の間で感染する病気なんだ

 自然界に生きる僕らの仲間が感染してもさ
 大病にはならないんだけど
 家畜として飼育されてるとさ
 なんせ人口密度?家畜数密度?が濃いからさあ
 すぐにドバーっと感染しちゃって

 症状は口とか足とかが水ぶくれになって
 食欲が落ちるから体重が減るんだよね
 そしたら人間にとっては
 肉質が悪くなるとかで価値が下がるみたいで
 そうなると育てる意味がなくなるみたい
 そして感染速度の速い病気だから
 もう、殺すしかないんだって

 一緒に住んでる仲間の1人でも感染してたら
 全員殺されるんだって


 もしも人間界でさあ
 クラスに1人でもインフルエンザに感染したら
 その学校の生徒全員殺します
 社内で1人でもインフルエンザに感染したら
 その会社の社員全員殺します
 町内で1人でも感染者が出たら
 その町の住人全員殺します
 って決まりができたらどうだい?

 

 ぼくらはそんな決まりの中で生きて、殺されていくんだ

 もっとも、その理由で殺されなくったって
 ゆくゆくはもっと恐ろしい目に遭うんだけどさ

 ぼくらを育ててくれてる農家さんは泣くんだよ

 ごめんな
 ちゃんと育て切らないうちに殺してしまうことになって
 ごめんな
 怖い思いをさせて
 ごめんな
 元気なおまえまで巻き添え食わせて
 ごめんな

 って、涙を流して泣くんだよ。

 その光景はきっと日本中の多くの人に
 ぼくらのことをかわいそうだと思ってもらえたと思う

 ぼくらはさ
 どの段階が人間の言う
 ちゃんと育ち切った状態なのか知らないけどさ

 やっと一人前になったかなって思った頃に
 突然トラックがやってきて
 育ててくれた人に手を振って見送られて
 知らないとこだけど恐ろしくて怖いってことは感じ取れる場所へ
 連れて行かれて
 怖くて足がすくんでると電気棒でお尻を叩かれて前へ進まされて
 額に電気ショックを当てられて気絶して
 目が覚めたら足の1本をヒモで縛られて逆さ吊りになってて
 なんだよやめてくれよってもがいてもとれなくて
 のどをズバッと切り裂かれて
 血がどくどくと流れ出して
 ぐるじい、、だずげで… と訴えてるのに
 足とか腕をどんどん切り落とされて体がバラバラになっていって
 意識はいつまでも残っていて…
 こんな一大事なのに誰も助けてくれないし
 育ててくれた人はもう知らん顔だし
 日本中の誰もが知らん顔

 みなさんにお初にお目にかかるのは
 スーパーのパックの中

 ちなみにどんなにバラバラにされても
 意識はちゃんと残ってるんだよ
 だれがどんな風にぼくらを飲み込んだのか
 見届けてるんだ
 胃袋の中に入って消化されたって
 意識は残っているんだよ

 まあそれは今はいいけれど

 ともかく
 そんな切ない最期よりも
 育ててくれた人が涙する目の前で
 血を出さずに殺されて
 運がよければ焼いてもらえ
 その手間がかけられない場合でも
 ちゃんと埋葬してもらえる
 手も足もくっついたまま埋葬されて
 手を合わせてもらえるんだ
 日本中の人からも
 かわいそうね、って思ってもらえる

 この病気で死ぬ方が
 ぼくらにとっては穏やかな気持ちで成仏できるんだ


 今回のできごとはさ
 世界中にいるぼくらの仲間で話し合って
 決めたことなんだよ

 この方法しかなかったんだ

 ぼくらの気持ちを伝える方法は
 これしかもう思いつかなかったんだ

 どんなにたくさんの人間たちに迷惑がかかろうとも
 もうぼくらにはこれしかなかったんだ

 ただ、わかってもらいたい一心だったんだ

 日頃、ぼくらがどんなに悲しい思いをしているのか
 ってことを…


 だからおねがい

 被害額がいくらだとか
 損失がどうだとか
 保障がどうだとか
 畜産業がどうなるとか
 他の業界への影響がどうだとか
 責任は誰にあるのかとか

 その心配をしながらでもいいです

 どうか問題の本質に目を向けてください

 いくら保障をしても
 畜産農家を支援しても
 地域を支援しても
 募金をしても

 問題の本質から目を逸らさないでください

 人間という生物は本当に栄養学的に
 ぼくらを日常的に食べないと生きていけないのか

 ぼくらに対するこのような残虐行為が
 人間どうしの争いに影響を及ぼしていることはないのか

 ぼくらを食べるために飼育することは
 地球の環境にとって最善なのか

 地球上では全ての人に行き渡る充分な量の穀物があるのに
 ぼくたちを養うためにそれが行き渡っていない
 ということはないのか

 ぼくらをこんな風に扱うことによって
 人間としての魂の成長は得られるのか

 …


 援助や募金をするのなら
 畜産農家さんたちが別の職業につけるように
 どうか支援してください

 屠殺業者さんが別の職業につけるように
 支援してください

 精肉業者さんが別の職業につけるように
 支援してください

 ぼくらが家畜制度から解放されるように
 環境を整えてください

 ぼくらを食物として扱わない
 新しい文明をつくる努力をしてください

 
 ぼくにしゃべれる魔法をかけてくれてありがとう


 ぼくらの気持ちをブログや日記、ツイッターなどで
 伝えてくれている多くのみなさん
 ありがとうございます

 つたないぼくの話よりももっと詳しくわかる日記を
 紹介しておきますので

 どうか読んで考えてみてください

 http://mixi.jp/view_diary.pl?full=1&id=1493900375&owner_id=7780041
 空さん「口蹄疫と偽善者たち」

 http://mixi.jp/view_diary.pl?id=1493731282&owner_id=9752956
 ビンカさん「畜産農家の被害?【口蹄疫】


 最後まで読んでくれて
 どうもありがとうございました


 ぼくはうしですそっぺ


 追伸:
 ひとつ言い忘れてたことがあったんだけど
 というか、本当は言ってたんだけど取り消してたことがあるんだ
 でも大切なことだからやっぱり言うことにしたよ

 それはね

 ぼくらは人間が大好きだってこと

 ぼくらはね
 人間が大好きなんだよ
 人間のために働くことが大好き
 重い物だって力持ちだから平気だし
 退屈な作業だって飽きずにできる

 一生懸命働いて人間の役に立って
 喜んでもらってかわいがってもらえると
 すっごく嬉しいしもっと役に立ちたいと思うんだ

 ぼくらが人間にできない仕事をやって
 人間たちがぼくらのお世話をしてくれるなら
 ぼくらは死んだあと人間たちに
 食べてもらうことも喜びのうちなんだよ
 ぼくらをかわいがってくれる大好きな飼い主さんが
 食べ物がなくてお腹を空かしているならば
 ぼくは喜んでこの身を捧げるよ

 ぼくらと人間はそういう関係だったんだと思うんだ

 大好きな人のためなら死ねる

 人間のみなさんもぼくらもその気持ちは同じだよ


 長くなっちゃったね
 読んでくれてありがとう

 また魔法をかけてもらって
 お話できたらいいな

 ありがとう

 うしより
| つぶやき | COM(10) | TB(0) |
2010-05-26 (Wed)
l015_.jpg


かわいいでしょう~


今月から布ナプキンの漬け置き用のバケツはコレ!


布ナプキンを使うなら洗うことも含めて楽しみたい!

つけても楽しくって~

洗濯もラクに出来て、清潔も保てて、楽しくなる工夫!

そうで、なくては続かない。



布ナプキンあきらめちゃった方から


>以前、布ナプキンは使っていました。重曹をいれたお湯につけ置き洗いしていましたが 、綺麗に落ちないのが気になって・・・止めちゃいました。

とのお話をいただきました。


これは、お洗濯の失敗!


重曹は洗浄力自体が弱いものなんです。


だから、綺麗に落ちなかったんですよ。


経血を洗浄するには重曹には荷が重すぎで、セスキ炭酸塩→石鹸の順番で洗浄力が増します。


次からはセスキ炭酸塩や、石鹸で漬け置きしたら、もっと汚れ落ちが良くなってますよ、お試しあれ。

昔から云いますもの失敗は成功の母



なんでも試して、なんでも実験!



l017_.jpg
| 布ナプキンの洗い方 | COM(0) | TB(0) |
2010-05-20 (Thu)
日本国憲法 
第三章 
二十七条 
すべて国民は、勤労の権利を有し、義務を負ふ。



そんな憲法があるの知っていましたか?



だいだいは・・・この2月まで知りませんでした(恥)


なんで、知ったかと言うと、ずいぶんたってしまいましたが、


〝障害者があたりまえに働けるニッポン「働きたい」あなたのシンポジューム″

に参加して知りました。



従業員の7割が知的障害者でありながら全国シェアー32%のチョークを生産している、日本理化学工業株式会社の大山泰弘会長の基調講演や、平成21年度ハマライゼーション企業グランプリ受賞企業の紹介や取り組みについての説明がありまして、障害があるってこと、人が働くこと、について考える一日となりました。


障害を持っている子供たちは高校までは学校があるので活動の場がありますが、その後、社会人として働く場は限られています。


人として働く事とは、仕事を通じて社会のお役に立ったり、人間として成長したり、賃金を稼ぐよろこびを感じたり、時には意見の食い違いから摩擦を生じながら、お互いを理解し人間関係を深める。などのより多くの事を勉強する場になります。


その場所が卒業の時から固く閉ざされているのです。


一概に障害と言っても個人差が大きく、重度の人ほどさらに社会との接点が薄くなりやすいそうです。



障害の程度に関係なく、日本国民なら誰もが労働から得られるよろこびを味わえる社会になれる日が来ることを願っています。



多くの事を書くよりもこのサイトが素晴らしいので紹介いたします。

ATARIMAEプロジェクト
| つぶやき | COM(0) | TB(0) |
2010-05-17 (Mon)
うれしいな~


お客様から手作りのケーキをいただきました。

l024_.jpg


わざわざ、だいだいのために朝から焼いてくれました。


いただいた時はまだほんのり温かったです。


お仕事終えてゆっくり紅茶といただきました


美味しかったよ~Sさん



ごちそうさまでした。
| つぶやき | COM(0) | TB(0) |
2010-05-12 (Wed)
先日「眠くてどうしようもない。」

との訴えの方のからだの声を聞かせていただきました。

「気持は頑張ろう!と思ってもからだに力が入りません。
午前中は頭が働かないような気がして~何もする気にならないの~
病気でもないのに動けないのが悲しくって~
それに、悪いことばかり続いて・・・・」



マイナスのスパイラルにはまり込んで抜け出せない状態。

そんな彼女にだいだいが出来ることはからだの声を聞いてあげること、

からだからはこんな声が聞こえてきました。

「この人、炭酸飲料の飲みすぎなんだ、だからからだの中から寒いんだよ~

あきらめきったようにからださんがボソボソとお話になりました。


炭酸飲料は二酸化炭素を含んでいるので、飲むと二酸化炭素の血中濃度が上がってきて、増えた二酸化炭素が副交感神経を刺激し、ぼうっとして眠くなると、前になにかの本で読んだ事があります。

それに、氷が入ってキンキンに冷えた炭酸飲料をがぶ飲みすると、体温は急速に低下します。
からだはその体温を温め治すために黙々と働きますが、その働きを無視するように、また冷たい炭酸飲料を流し込み・・・その繰り返しにからだも温める気力をなくしてどんよりした状態に。


からださん大変だったわね~
もう大丈夫よ
生活習慣を改めるようにお話するわ~
もちろん魔法も使うわね。



「昼間はシューズ、夜はビール!」
「美味しいから」
「好きだから」のツケは大きいようです。


一つのつまずき(炭酸飲料の多量摂取)から低体温を引き起こし、からだが冬眠状態に。


もう春も半ばを過ぎたのだから、そろそろ目覚めないとね。


今から湯たんぽ使うの気がしないかもしれないけど、湯たんぽ使ってみてね。
テレビを見てる時にお腹に抱えると温かいよ。
御飯を食べる時は太もも、お尻の下に置くととっても温まりますよ。


好きな物を断つのは辛いけど、量を減らすことから始めてみたらどうかしら?


それに、朝起きたら、ごろごろしない、二度寝はしない


体温は筋肉を動かすことによって作られます。
ゴロゴロ、ダラダラな生活は低体温のからだになるだけ。


からだは働くためにあるのです
おうちの中を掃除するだけでも好い運動になります。
綺麗になれば、家族の人もよろこんでくれるし~
さっぱりとした空間は何よりも自分がうれしくなりますよ♡



そして、これも忘れずに!
布ナプキンを毎日つけているとからだがあたたかくなりますよ。
過去の記事はこちら


小さな努力をコツコツと
温かいからだに戻しましょう。
からだが温かくなれば生きる気力も湧いてきますよ。

 
 おまけ 

体温が1℃でも上がるメリット
血行が良くなる→血流が増える→からだ中の細胞に充分な酸素と栄養が供給される。
血行が良くなる→血流が増える→胃腸の蠕動運動が活発→便秘解消
血行が良くなる→血流が増える→脳の血行が増える→脳の活性化
血行が良くなる→血流が増える→体内の酵素が活性化→新陳代謝が活発になる→肌のきめが整う
血行が良くなる→血流が増える→自律神経の乱れそのものが改善
| からだの神秘 | COM(2) | TB(0) |
2010-05-09 (Sun)
母の日はいかがお過されましたでしょうか?
だいだいはGW中に母の日のプレゼントで両親と都内の小旅行に行きました。
l046_.jpg

l047_.jpg
l051__20100509222749.jpg
l050__20100509222748.jpg
l056_.jpg
つつじの名所の根津神社(東京都文京区)
凄い人出でした。
l077__20100509222947.jpg
続いてこの門の所に
l081__20100509223219.jpg
さて、ここはどこでしょう?
l086__20100509223218.jpg
l082__20100509223219.jpg
l096_.jpg
l079_.jpg
l094__20100509223218.jpg
l101_.jpg
l103_.jpg
l106_.jpg

お父さんお母さんが大好きになる魔法の言葉を教わりました。
世界中の人に父あれどわが父に勝る父なし。
世界中の人に母あれどわが母に勝る母なし。
| つぶやき | COM(2) | TB(0) |
2010-05-01 (Sat)
先日こんな新聞記事がありました。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

毎日新聞 2010年4月23日 東京朝刊

食物アレルギー:幼児の14% 10年前から倍増 
食生活の変化一因」
 東京都が3歳児を対象に実施しているアレルギー疾患に関する調査で、食物アレルギーに罹患(りかん)したことのある子どもの割合が09年は14・4%に達し、99年の7・1%から倍増したことが分かった。厚生労働省によると、未就学児の大規模な定点調査で食物アレルギーの増加傾向が裏付けられたのは初めて。

 調査は99年から5年ごとに行い、10月の3歳児健診で保護者に調査票を配布している。昨年は7247人を対象に、ぜんそくや食物アレルギー、アトピー性皮膚炎、アレルギー鼻炎などの症状について尋ね、2912人(40・2%)から回答があった。

 3歳までに何らかのアレルギー疾患と診断された子どもは、99年36・8%▽04年36・7%▽09年38・8%--と横ばいだった。しかし、食物アレルギーと診断された子どもは、99年が7・1%、04年は8・5%で、この5年で急増していた。原因食物は、卵が83・9%で最多。牛乳36・3%、小麦12・9%が続いた。

 今回は、都内の認可・認証保育所と幼稚園を対象にした調査も初めて実施。配慮が必要な食物アレルギーの子どもがいる施設は68・1%に達した。過去3年に急性のアレルギー反応を起こした子どもがいた施設も12%に上った。

 東京都アレルギー性疾患対策検討委員の松井猛彦・荏原病院小児科部長は「原因は単純ではないが、添加物や加工食品の増加など、食生活の変化も一因だろう。昔は食べなかった食品が食べられるようになったことや、離乳食の開始の早期化なども考えられる」としている。【石川隆宣】



◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

この記事ついて色々考えてみました。

だいだいの息子もぜんそく、アレルギー性鼻炎滲出性中耳炎アレルギーマーチを繰り返して小さいうちは病院との縁が切れない生活を送っていました。
どうしたら、小さいからだを楽にしてあげることが出来るだろうと試行錯誤の日々を送ったことを今更ながら思い出します。
あっちの病院、こちらの民間療法と歩きまわり、多くの仲間と知識を得る事が出来ました。


幸い、食べ物のアレルギーはなかったのでまだ楽でしたが、食物のアレルギーのあるお子さんたちは日常の食事から、給食、お弁当、おやつ、みんなが食べているものが食べられないので、親子ともども大変な苦痛を味わっていらっしゃいます。
この記事ではアレルギーの原因は食品や食生活に重きを置いているようですが、アレルギーの原因は衣・食・住、あるいは、生活の習慣など多岐にわたり原因があるように思います。


たとえば、衣・・・新品の服を嗅ぐと石油系の臭い匂いがします。巷で流行りの強烈な匂いを放つ柔軟剤・・・蛍光増白剤の入った洗剤、本当にその匂いや、白さが必要なのでしょうか?


たとえば、住・・・シックハウス、シックスクールって言葉があたりまえに聞こえてくるほど建材に対する安全性を問う時代になっています。
建材ばかりでなく、新品のソファーの接着剤からの揮発する物質の空気汚染から化学物質過敏症を発症した小学生の話を以前聞きました。
わざわざ自分で買ってきて空気汚染を広げている、トイレの芳香剤や玄関の消臭剤、タンスの中の防虫剤は本当に必要でしょうか?
嗅覚は異常を感じとっていても「いい香り~」「臭くない~」の言葉に脳は誤魔化されてはいないでしょうか?
あちらも除菌、こちらも除菌、除菌ばかりでホントに大丈夫なのでしょうか?


たとえば、食・・・味噌や、醤油の基本的な調味料一つとっても昔は一年や二年かけて発酵させて作って来た食品が本当に少なくなりました。そして、丁寧に時間をかけて作られた物はコストが高く家計に響きます。
即席で栽培され、即席で醸造され、長期保存は添加物の力に頼る食品。
同じ名前であっても似ても似つかない食品になっている現状・・・・
安さ、便利さ、平均的な美味しさの中に忘れて来てしまったものがたくさんあるような気がしてやみません。


衣・食・住=全てが複雑に絡み合っているそんな環境の中での子育て、どのご家庭も手探りでその家庭や子どもにあったスタイルを見つけていくことが生活なのかも知れません。
情報も多い中で取捨選択して行く事は大変な事ですが、小さいか弱い人間を通して、人間本来の生き方を問い直されている様な気がします。


どんな環境の中でも子育ての基本は、
早寝、早起き、快食・快便それさえしっかりしていれば、多少の病気があっても乗り越える力がつくもの。生活のリズムをつけることで免疫力もUPされストレスにうち勝つ体つくりの基礎となります。


具合の悪いときには早目に休ませて、ゆっくり休養をとってあげる。


働くママも多いから、出勤の兼ね合いがあって大変だろうけど無理の積み重ねが次の病の引き金に成りかねません。
が下がっても免疫力はすぐには回復しません。
が下がった翌日もしっかり家で療養するぐらいの余裕を持って。
子どもが病気の時はゆっくり看病が出来るそんな社会作りをしていきたいものです。


だいだいは専業主婦だったので、子どもが幼稚園に上がるまでいつも一緒でした。
子どもと毎日べったり一緒の時間を過ごしていると世間から隔離されているようで、でもそれでいて忙しく毎日キリキリした時があったのですが、そんな時ご近所の方から。
「あっと言う間に子ども離れて行くわよ~その時まで一杯抱きしめてあげなさい。」と教えていただきました。
その後その方の言うように子どもはアッと云う間に離れて行って、今では見向きもされなくなりました(笑)



母と子が密接し、濃厚な期間はその子の一生から見ればほんの短い時間です。
その期間にしっかり抱きしめて、たくさんの愛をそそいでいくことで親子の絆が強まり、共に笑って、共に泣いて、共に愛でて、共にくやしがり、共に悲しみ、共に慈しむといったさまざまな感情や愛情の交換をやり取りすることで、その子の将来にわたって他者を信頼し、良好な人間関係を築く基礎にもなって行くものではないでしょうか。



息子とともに病院通いをした子どもたちは皆、元気になりました。
中高校生にもなるとなんでも食べられるようになりましたし、ホコリだらけの汚い部屋で寝ていてもなんの症状も出ません。
それぞれのお子さんが持ち前の元気さを全面に引き出し楽しく学生生活を送っています。


親子でアレルギーを克服することは家族の絆を深め、社会に目を向ける事だったのかも知れないと今、思います。




| つぶやき | COM(4) | TB(0) |