12345678910111213141516171819202122232425262728293031
2009-12-24 (Thu)
前回の記事の続きです。
あのまま、後から来た7人の人間を山小屋に入るのを拒み続けていたら7人の安否が心配。かと云って狭い山小屋の中に7人が入ってたら水や食料やスペースの割り当てが少なくなり、全員の生存に影響が出る可能性も・・・拒むのも地獄、入れるのも地獄。
にっちもさっちも行かないこう着状態で夢は途切れていました。

~後が気になる~

自慢じゃぁないけど、だいだいは小さい頃から二度寝して夢の続きが見れる子供でした。
大人になって睡眠時間が短くなったので、夢の続きを見られることが少なくなりましたが、見ようと思えば・・・

いろいろ用事の詰め込まれた年末、そんな余裕もなく前回の記事の後だいだいは夢の続きが見られなく、モヤモヤ、ヤキモキしてしていましたら、こんなコメントがmixiのマイミクさんから届きました。


>山小屋はどうなったのでしょう?
とっても気になります。
今日は早く寝たら、続きが見れるかなぁ~

だいだいさま!
続きは私、よろこびが見ましたよ
あんなに激しく、容赦なく山小屋に吹き付けていた雨風は
まるで元から無かったかのように
さわやかなそよ風に変化していました。

人々は、これまた何事も無かったかのように
登山できる自身に感謝し、明日の健康をたたえ合いながら
笑顔、笑顔で下山して行きました。

祈りが天に届いたのでしょうか。

どうぞ安心して、今夜はよろこびあふれる夢を見てくださいね。




このコメントをいただいて、肩から力が抜けて行きました。

そうか~こんな結末だったんだ!

だいだいは夢の中で嵐は止まないものだと思いこんでいました。

永遠に降っている雨もないし、
止まない風も経験したことがない。

「いつかは嵐は止むもの。」それを忘れて、ハラハラ~ドキドキ~


争いごとの渦中にいると「どうしよう???」と、うろたえてしまい先を読むことができなくなりますね。


もし、7人を見殺しにするようなことがあれば、長く後悔の念が残り、空は晴れているのに心の中は嵐が止むことはなくなるでしょう。
また、見捨てられた7人は山小屋に入れてもらえなかったことを深く根に持つことになるでしょう。

そうなったら・・・悲劇です。


「止まない嵐はない!」と思えば、おのずと行動が決まって来るのではないでしょうか。

より人間らしい行動に!




そんなことを思っていたら、今度は本物の山男のマイミクさんから

一度だけ山小屋に泊った経験がありますよ。
その山小屋は 一部屋だけしかありませんでした。
山小屋の中は、男女が入り混ざり すし詰め状態でした。
電気も無く 真っ暗な中で 一晩をあかしました。
でも
楽しかった
そんな 楽しかった 想いでがあります……




と、楽しかった山小屋の感想をいただきました。



区切ろうとか、隔てようとする心より、
ギュウギュウ詰めのすし詰めでも、男女の区別がなくても、
少ない取り分でも分け与えた時は楽しかったり、うれしかったり、喜ばしかったりすることがわかりました。

そんな生き方を選択したい。



今日はクリスマスイブ
イエスキリストは「汝自身のごとく汝の隣人を愛せよ」とお説きになりました。
この記事を書きながら、その言葉が強く浮かんできました。


「天よ、人が人でいられるように、私たち全ての者に安らぎを得られる知恵をお与えください。」と祈りの言葉が天に届き、


「汝自身のごとく汝の隣人を愛せよ」と山小屋の中の人々の心に響いたのかも知れません。


いさかいの心がイエス様のように愛の心になったので風雨もそよ風に変化したのでしょうか。



夢の中と言え、ハッピーエンドで良かった。良かった。良かった。



夢の中のお話が広がりました。
おつきあいしてくださったよろこび様、Mako様ありがとうございました。


安心して眠りに就くことができます(笑)






そして、読んでくださった皆様、Happy Christmas! 



| つぶやき | COM(0) | TB(0) |
2009-12-16 (Wed)
国連気候変動枠組み条約第15回締約国会議(COP15)がデンマークで開催、国の利害が対立して会議が紛糾している~そんなニュースを見ながら眠りについたらこんな夢を見ました。


 
山に登っている時に急に天候が悪化して急いで登山者たちは小さな山小屋に逃げ込みました。山小屋の中にはわずかながら水と食糧と燃料があり、小さいながらも雨風を防いでくれる山小屋は快適でした。

そこへ一人の登山者が雨宿りにやってきました。
すぐに、山小屋に案内し、場所をあけて、暖をとらせました。

登山者はその行為に感謝しお礼を云いました。

「助けあうのは当然さ、人間同士だもん!」

そうこうしているうちに雨がさらにひどくなってきました、すると男女のカップルがブルブル震えながら山小屋に入ってきました。
「山小屋は広くないし、食糧だって限られている・・・」とカップルが加わることを渋る者がおりましたが、 「命の危険にさらさせている人を見捨てたら、犯罪じゃぁないか!」との意見が優勢で詰めあってカップルは山小屋に入ることができました。


日が暮れても雨足は衰えることがありませんでした、その中を山小屋の明りを目指して歩いてくる登山者が見えました。今度は7人のようです、凍えるような寒さの中足取りもおぼつかず歩いてくるようでした。

山小屋の雰囲気はガラッと変わりました。
今度も受け入れてやろうと主張する者、これ以上受け入れられないと主張する者。
小さい山小屋の中には新たに7人が入るスペースも、食糧も、水もありません。
雨風がいつ止むかもわかりません。

だれかが「早いもの勝ちだ!」と主張しました。
「私は重要な仕事を控えている、風邪などひいてられない」と主張します。
あちらでも、こちらでも自己の保身が始まりました。

そのうちに、7人が到着し、弱々しくドアをノックし始めました。
山小屋の中は援助しようとする者、ドアノブを守る者、それぞれの喧嘩が始まりました。

外の登山者はその様子を伺い、
「せっかくたどりついた山小屋なのに入れないのはおかしい!」激しくドアを叩きはじめました。


その間も容赦なく雨風は吹き付け、さらに激しくなっています。



激しく窓を叩く雨の音に一人の者がふと我に帰りました。
そして、天井を仰ぎこうつぶやきました。



「天よ、人が人でいられるように、私たち全ての者に安らぎを得られる知恵をお与えください。」






そこで目が覚めました。






山小屋はどうなったのでしょう?
とっても気になります。
今日は早く寝たら、続きが見れるかなぁ~



| つぶやき | COM(1) | TB(0) |
2009-12-03 (Thu)
毎日とか、毎月とか必ずする‘決めごと’ってありますか?

だいだいは台所の食器洗いのアクリルスポンジを毎月1日に換えること!が決めごとになっています。

1日も新しい黄色のアクリルスポンジに換えました。

新しいスポンジを見て、この一カ月も頑張ろう!って思います。


アクリル毛糸で編んだスポンジがお気に入りです。

それだと、多少の油がついていても水洗いでOKだし、

うちの台所には固形石鹸しかおいてないので、石鹸の付きもいいので油汚れが強い時にも助かっています。

食器を洗った後はもう一度、石鹸でアクリルスポンジを洗って乾かしておきます。

一か月も使うと結構くたびれて、アクリルの中に油が侵入して落ちていた油汚れが落ちづらくなってくるので、そろそろ換え時となります。

スポンジもくたびれて、水の切れも悪くなる頃に換えの時期となるので、もうちょっといけるかも・・と後ろ髪を引かれることなく、バイバイできるので、ちょっとは衛生的かな~と思っています。



CMで宣伝している中性洗剤を使用しないでかれこれ5年。
試行錯誤の結果、台所用の固形石鹸とアクリルスポンジを一か月ごと換えることで水場のリズムが整ってきました。


その結果だと思うのですが、今年はハンドクリームの登場回数が激減しています。

手荒れがほとんどしなくなりました。

前は、冬になると、家事の終わって後はハンドクリームは手放せなかったのですが、最近はほとんどつけなくてもいられます。

と、云うことは、自分の体からほどよく出ている皮脂で手が適度に潤っているってことですよね。

洗剤や温度の熱い温水は手の脂も取り去って行くと聞いていたのですが、そうでない洗い方に換えてみて、手あれが激減したのにはびっくりです。

それでも、昨年はハンドクリームをひと冬ひと瓶使っているので、今年のこのペースでいくと、半分行くかどうか?昨年よりもいい感じ(笑)
ささくれの回数も激減です!
何より良いことは、自分の手を自慢げに見れること!
働き者の皺の多い手でしたが、それもいつの間にか、程よい手になってきてうれしい限りです。


手荒れに悩んでいる方は、ぜひ、石鹸に切り替えて見てください。
香料のはいっていない台所用石鹸とか、ふきん洗う用の石鹸がドラックストアーにおいてあります。
それと、300円台のアクリルスポンジを用意。

油汚れの少ないものはささっと水洗いだけでも汚れが落ちます。
油がひどいものは、最初にいらない布で油汚れを拭ってから石鹸をひとなでしたアクリルスポンジで洗いすすぐだけ。
この方法だと水の量も少なくなります。
また、ため水につけておくと汚れを分散させてしまうので、洗い桶は流しにありませんので、流しの中はすっきりしています。

鍋とか焦がしてやばいって時には金属のタワシを発動!そんな時にも普通に石鹸もつけてゴシゴシしています。

また、石鹸は洗濯の時に使用している純石鹸を水に溶かしてトロトロ石鹸にするのも楽しいです。


家事って奥が深いですよね、
そして、健康に直結しているということ。
手荒れひとつと思うかも知れませんが、自分の皮脂が潤う手と、カサカサの手、どちらの手を選択しますか?
| からだの神秘 | COM(0) | TB(0) |