12345678910111213141516171819202122232425262728293031
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2007-07-24 (Tue)
化学物質過敏症・・・

耳にした事はあるかも知れません。
だけどこの病気の方にお会いするのは稀な事だと思います。
なぜなら、
身の回りのありとあらゆる物

洋服の化学繊維
合成洗剤(衣料用、柔軟剤、漂白剤、食器用)
香水  (デオロラント用品、制汗剤)
整髪剤 (シャンプー、リンス、パーマ液)
化粧品 (ボディーケアーも含む)
消臭剤 (抗菌剤、防カビ剤)
芳香剤 (香りつきトイレットペーパー等も)
インク  (各種印刷物、手紙、本)
接着剤 (壁紙、靴の底の下のゴム、手紙)
殺虫剤 (蚊取り線香、除草剤、消毒液)
~の煙 (タバコ、お線香、合成香料のアロマ)
排気ガス
電磁波 (携帯電話、パソコン、家電製品)


などにからだが反応すると
刺激感 (咳き込む、鼻水、涙が出る)
肌の異常(かゆみ、発疹、蕁麻疹)
倦怠感 (頭痛、疲労、思考力の低下)
息苦しさ(喘息、動悸、息切れ、不整脈)
痛み  (腹痛、下痢、筋肉痛、関節痛)
不安  (不眠、うつ状態)
etc
症状があらわれてしまうためにほとんど外出が不可能になってしまうからです。


発症の原因は

*一度に多量の有害化学物質に暴露(浴びること)された事がある。

*少量でも長期に渡って合成化学物質を使い続け、その人の許容量を超えた時に拒否反応として一気に発症する。


人の許容量をコップに
有害化学物質を水に例える方法があります、
コップの水が溢れて流れ落ちた状態が発症です。


発症の最初はわけがわからなく具合が悪い。
不定愁訴を訴えるので、あちらの病院、こちらの病院とやっとの思いで自分の訴えを聞いてくれる医療機関にめぐりあって病名がつき、
この具合の悪さは合成化学物質が原因だとわかります。

病名がついたとしても治療法は
有害物質を生活環境から取り除く、
有害物質を体外に出す。
免疫力を高める。


これだけ化学物質に囲まれていて、どう取り除くと言うのでしょう。
発病された方は漂う空気も水道の水も臭く、自分を攻撃してくる物にしか思えないそうです。


何度も言うように有害となってしまった原因物質は今便利に使っている物のどれかです。あるいはほとんどすべてのものかもしれません。


毎年春になるかならない時期に
「今年から花粉症になったのよ~」と話す機会に出くわしませんか?

花粉は多くても2~3ヶ月我慢すれば過ぎ去ってしまいますが、化学物質過敏症は年単位の病気です。そして花粉症と同様に知らないうちに発症するのです。
誰がいつなっても不思議ではないのです。

まだ発症した方の数は少ないですが確実にこの症状に苦しんでいる方がおられます。

先日もだいぶよくなられて外出できるようになった方からお話をききましたが、想像をはるかに超えた大変な生きずらさでした。
(あの時はありがとうございました。またお会いできるのを楽しみにしています。)


化学物質過敏症にならないためには身の回りの合成化学物質を遠ざけることしかありません。


使わなくもいいものがたくさんあります。
普通に掃除していれば必要ないもの、
自然なもの、
昔ながらのもの、
代用できるものがたくさんあります。
ちょっと手間がかかるかもしれませんが、そんなに大変な事でもありません。

情報を手に入れて選択するのは自分自身です。

自分さえよければ、
自分さえ綺麗ならば、
自分さえ心地よければそんな考えから、
ほんとうに自分にとって大事な事、自分の周りの人のこと考えてみませんか?


特にこれから子どもを生む世代の方たちに知って欲しいのです。

世代を乗り越えて有毒な化学物質が受け継がれる可能性があるのです。


私のコップより子どものコップのほうが小さく、孫のコップは更に小さくなってくるのです。


私たち大人が子ども時代の頃よりも身の回りの化学物質は圧倒的に増えています。

アトピーやアレルギーも増加の一途です。

食品には気をつけているけど日用品には無頓着、もはやカビやホコリを気にしているだけでいいのでしょか?

化学物質の中でも空気より重いものは地面や床近くに溜まっています。
その低い位置で子どもは空気を吸っています。

単独だと安心なものでも複合的になったり、
酸化して変化し、脅かす物質になることもあるそうです。

すべての生き物、人間、未来を担う子どもたちが安全で、健康的な生活を送れるように。
スポンサーサイト
| 合成化学物質が与える影響 | COM(0) | TB(0) |
2007-07-23 (Mon)
癒しのフェアvol.4

2007年7月28.29日東京ビックサイトで行われる癒しフェアに購入元のすーぃとこっとんさんが参加されます。
みんなで遊びに行ってくださいね。


癒しのフェアはクオリティの高い癒しの情報を発信するそうです。
出展リストを見ただけで、ワクワクする企画がたくさん。


必見は遺伝子の第一人者である村上和雄先生の講演(日時:28日11:00~12:00。)
遺伝子ON!の生き方。笑うこと、感謝すること、プラス発想…。日常生活での心の持ち方でよい遺伝子をONさせ、悪い遺伝子はOFFにさせる方法を教えていただきましょう。



| つぶやき | COM(0) | TB(0) |
2007-07-22 (Sun)
台風4号につづき新潟県中越沖地震と天と地が揺さ振られた日が続きました。

被害にあわれた方々が一日でも早く平安な日常を取り戻せるようお祈り申し上げます。

天災のニュースを聞くたびに、
平凡な日常のありがたさを噛締めます。

穏やかな日がいつまでも続きますように。

大好きな人たちがいつも幸せでありますように。

世界が平和でありますように。

それが叶わなく、変わり行くのが常なるならば、
せめて心の波風を抑える事が出来ますように、
そしてその苦しみはやがて喜びに変換する愛と智恵と勇気が湧き出るように。


今回の地震で問題提起された事は柏崎刈羽原発の安全性。

テレビニュースをリアルタイムで黒煙が立ち上る映像を見ていましたが、
普通なら消火器もって職員の人が消火に駆けつけるでしょ。
なんでしないだろう?

放射能漏れで非常に危険な状況になっているのか?

防御服を着るのに手間取っている?

はたまた三連休の最終日で、人手がない?

建物の中がすごい状態で外までは手が廻らない?

主人とテレビを見ながらあれこれ推理していたのですが、

実態は消防車が出払っていた。なんて、お粗末過ぎ。

消防隊に任せるだけでいいの?

これが原発の実態?!

信じられない~

不測の事態が起こった時、その影響は甚大なはず、そんな不幸ことが起きる前に、エネルギーの供給のシステムの脆弱が露呈されてよかったですね。

この教訓を基にクリーンで安全な電力の供給システムを国民みんなで議論するなんてことは出来ないもんなのでしょうか?



安心て言ってるものがまた一つ崩れてしまいました。

安心て何でしょう?

国が安心と定義する安心と私が思う安心はかけ離れているのでしょうか?

実は集いの記事化するのに戸惑っている事があってなかなか文章に出来ずにいるですが~

国が安心と言っているもの(食品添加物)に対して科学も化学もわからない主婦が「なんかこれ変?」
てことを不特定多数の人が目にする媒体に載せて良いものかと葛藤しています。


にほんブログ村 環境ブログへ
| つぶやき | COM(0) | TB(0) |
2007-07-11 (Wed)
ハピナプのつどいから記事をUPします。
この記事はからだを守るために知っておいて欲しいのでオープン状態にします。


健康な女性なら月1度は必ずお世話になる生理用品、   
   ケミカルナプキン
   布ナプキン
   タンポン
どれも経血をガードしてくれる大切なもの、特にこれから蒸して暑くなる夏。
ぜひ清潔にお使いいただくための情報を集めてみました。


ご存知ですか?

トキシックショック症候群(TSS)


きわめてまれな病気です。


タンポンの誤った使用により発病する可能性があるといわれている病気です。

症状は突然始まり、
    ・高熱
    ・激しい頭痛
    ・のどの痛み
    ・目の充血
    ・極端な疲労感
    ・意識の混乱
    ・嘔吐
    ・激しい下痢
    ・日焼けしたような発疹
などの症状を起こします。

原因は黄色ブドウ球菌の作る毒素によってひきおこされます。

この毒素は
  *からだに感染した細菌。
   (怪我や傷口、やけどなどの局所感染)

  *体表にいる細菌
   (膣に挿入した吸収性の高いタイプのタンポンで増殖する菌など)

間違った使い方とは

タンポンの  
        再使用
        一回の使用時間は8時間を越えない
        8時間以上の就寝際は使用しないこと
        分泌物に異臭のある時
        「使用上の注意」に記載してあること

まれにしかならない病気でも一度でも発症したら大変です。

そのために予防が肝心
       まず、手洗いをして手指の清潔を保つ
       タンポンの連続使用はしない
       一回の使用時間は8時間以内
       タンポンとケミナプの交互の併用。 
       タンポンの紐を切らない
       タンポンを一度に2つ以上挿入しない   
       タンポンを取り忘れしない

もし、タンポンを使用していて上記のような症状が出たら、直ちにタンポンを取り出して産婦人科医などのの専門医に相談する事、その際医師にタンポンを使用したことを必ず伝えてください。

早期受診が命を救う事になります。

色々調べると量が少なめ(終わりかけ)の時は吸収力が高いタイプのタンポンは使用しないほうが懸命です。

生理は毎月ことで慣れた習慣ですが、タンポン派の方はもう一度使用上の注意を読み返して正しくお使いください。



ケミカルナプキン、布ナプキンとて長時間使用したり、不衛生していることはご法度。
自分のからだを守るためにも清潔に。



生理は
命の種を育てる女性しか行えない神聖な行事です。




参考
http://www.jhpia.or.jp/TSS/overview.htm


守ろう!自然環境、女性のからだ、未来の子ども。
Photo by PaPa Style


にほんブログ村 環境ブログへ

| ハピナプの集い | COM(0) | TB(0) |
2007-07-05 (Thu)
1992年6月11日
ブラジルのリオ・デ・ジャネイロで開かれた国連の地球環境サミット。
カナダ人の12歳の少女が居並ぶ世界各国のリーダたちを目の前にわずか6分間のスピーチをしました。




・・・今日の私の話にはウラもオモテもありません
なぜって、私が環境運動をしているのは、私自身未来のため。
自分の未来を失うことは、選挙で負けたり、
株で損したりするのとはわけがちがうんですから。

私がここに立って話をしているのは未来に生きる子供たちのためです。
世界中の飢えに苦しむ子どもたちのためです。
そして、もう行くところもなく、死に絶えようとしている無数の動物のためです。
(中略)
どうやって直すのかわからないものを、
こわしつづけるのはもうやめてください。
(中略)
なぜあなたたちが今
こうした会議に出席しているのか、
どうか忘れないでください。
そしていったいだれのためにやっているのか。
それは私たち子どものためなんです。
みなさんはこうした会議で
私たちがどんな世界に育ち生きていくのかを決めているんです。
(中略)
おききしますが
私たち子どもの未来を真剣に考えたことがありますか?
(中略)
あなたたちはいつも私たちを愛しているといいます。

しかし、言わせてください。

もしそのことばがほんとうなら、どうか、ほんとうだということを
行動で示してください。

最後まで私の話をきいてくださってありがとうございました。





私はこのスピーチを三年ほど前ビデオで見たのですが、居並ぶ要人を前に堂々と喋る女の子見て、すごい子どもがいるんだなーと関心して見ていましたが、すぐに内容に引き寄せられていきました。

そしてわが身を恥じました。

大人が子どもたちの生きる権利を奪ってはいけません。

これから生きていく子どもたちの必要な資源を漁って意地汚く生きてはいけません。

からだに不必要な物質が入り込んだ時にそれが毒となり、その毒を子どもに引き継がせることになるのなら、それを排除する事から気をつけて生活しなくてはいけません。



子どもたちの未来のために私がすべき事は何でしょう?



私が与えてもらったように、
豊かで、平和で、健康で、幸せな明るい生活を
未来の子どもたちに引き継げるように。


未来へのバトンは

  今は私の、
    あなたの
      手のなかに。


参考

あなたが世界を変える日
学陽書房
セバァン・カリス=スズキ


怠け者倶楽部





にほんブログ村 環境ブログへ
| つぶやき | COM(0) | TB(0) |
2007-07-02 (Mon)
お忙しい中お集まりになって頂き、ありがとうございました。

楽しく集う事ができました。

無事終了できました。

お手伝いしてくださった方も、ありがとうございました。


何度かイベントに呼んでいただき布ナプのお話をさせていた事はあったのですが、
会場決めからイベントをするのは初めて。

ましてブログを始めるなんて思ってもみなかったので勢いで駆け抜けた一ヶ月でした。


集いの記事は追って載せていきます。


このイベントを支えてくれたすべての方に感謝いたします。



にほんブログ村 環境ブログへ
| 合成化学物質が与える影響 | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。