123456789101112131415161718192021222324252627282930
2012-12-20 (Thu)

昨日お会いした方はご結婚したばかりの方で、そんな話をするはずではなかったのに、
「赤ちゃん欲しい~じゃぁどうしたら~」の話しになりました。

幸せ波動の絶好調の今年の集大成として、今までお話ししてきた事まとめて話しました。


そのまとめのまとめを書いておきます。




1、健全な夫婦なら赤ちゃんはやって来る(喧嘩ばかりの所にやって来たくはないよネ~赤ちゃん)

2、からだを温める(布ナプフル活用!!)

3、環境にやさしい生活を目指す(赤ちゃんが喜んで過ごせる環境を考える)

4、生活全般どうしたら夫に喜んでもらえるかを考える。(誰ですか?夜の事を想像しているのは・・・)

5、お父さん、お母さんを大切にする(両家共々~嫁から娘になろう!育ててくれたことに感謝しよう!)

6、ご先祖を大切にする(両家共々、だけど、嫁に行ったんだ、最後は夫側の墓に喜んで迎え入れてもらえるように務める!)

7、赤ちゃんの生まれたい時に合わせる(自分たちの仕事の都合やライフプランでに組み込むのでなく、赤ちゃんが一番良いタイミングでやって来てくれるのだ!)

8、待ち時間が長くなっても、からなず、良い時期に素晴らしいタイミングで生まれてきてくれる事を心に強く思い祈る。(赤ちゃんは授かるものです、)

9、今、目の前にある恵み、与えられていること全てに感謝し、自分の出来ることは進んで行う。

10、赤ちゃんの誕生を多くの人が待ち望み、誕生を喜ばれていることに感謝し、産み育てられることに感謝する。




| 不妊について | COM(0) | TB(0) |
2009-01-25 (Sun)
「妊娠したよ!」とご報告をいただきました。


秋に布ナプキンを友人にプレゼントしたSさん。

Sさんは布ナプキンの温かさに魅せられて365日外したことがないといわれるほどの布ナプキン愛用者。
そのSさんの不妊症の友人に布ナプキンと「温かくすると妊娠しやすいらしいよ。」と一言付け加えてくれて送ったのが秋のこと。

その方が見事に妊娠なさったそうです       

やぁ~めでたい!めでたい      

やっぱり温かく保つことは良いことですね。

うれしい報告ありがとうございます。

もっと詳しい報告が入ったらUPさせていただきます。


今日もお付きあいしてだきありがとうございました。

感謝をこめて。

  だいだい  
| 不妊について | COM(2) | TB(0) |
2008-05-05 (Mon)
着床率でこのページに惹かれた方はかなりのご苦労を重ねてきているのでしょね。

私も過去は苦労者


なんのご苦労かといえば子宝に恵まれること。


今日は子供の日なので私の経験を・・・・・



どんなにお金を費やしてもこればかりは神様が授けてくれるもの
人間の力ではどうにでもならない事もあると
知る事ができたのは子づくり経験を経て知りました。

一人目は難なく授かり親子三人楽しく暮らして、「次は女の子が欲しいね~」など期待をしていましたが次の兆候がまったくなく幼馴染の勧めで不妊外来に行ったところ、
高プロラクチン血症と言う病気の診断で二人目不妊の原因確定。
10年近く何で私だけがこんなに不幸なんだろうと思っていました。
毎日の注射のおかげでやっとこさ受精して心音が聞こえたものの流産。
治療の途中で脳下垂体に良性の腫瘍が発見されそちらの治療が主になったことも。
治療の放棄した後、妊娠に至りつかの間・・・流産で不育症まで疑われたり。

辛い経験ばかりの10年でした。

数々の経験を経て、いつしか不妊治療からは卒業しようと思って、治療やめて、
もし私たち家族の一員になりたいと思っている宝がいるなら、思いがけず妊娠するにせよ、ご縁があって養子で来てでも育てたいと思って今に至っています。

そんな心境になれるまでの、悩み、苦しみ、もがいたのが基礎となって今からだの声を聞く仕事をさせていただいているので人生に無駄はひとつもないんだなぁ~って思います




私の不妊治療の経験から、
今治療中、あるいは赤ちゃん待ちの方がいたら~
妊娠はいかに着床率を上げるかにかかっていると思うのです。


そのためには温かいからだを外と内を整える。


外~からだは、

当時は小豆を煮てお昼ごはんにしたり、
黒い食品がいいと聞けば食べたり、
運動が好いと聞けばウォーキングしたり、
腹巻きがいいとか5本指ソックスで温める、
もちろんからだの声を聞くことも
子宝風水とかパワースポットに行ったりしました。

当時は布ナプキンを知らなかったのでおしいことをしましたね。
赤ちゃんが欲しい方に布ナプキンを使ってほしい。
着床率を上げるためには体温を保つ生活を求められているでしょから、
普段からお使いになっていただいて(特に昨日の記事を参考に)
温かいからだになっていただきたいのです。


そして着床率を上げるためには笑うこと!

笑いがからだに良いこと。
思いっきり笑うとからだ全身を使うので体温が上昇します。
笑う事でからだが振動して普段動かさないような深部の筋肉も振動します。
笑う事が感情のリセットになる。
不妊治療は一か月の勝負。
赤い結果が出た時に敗北感は激しく、
それでも立ち直り次の治療のステップを歩まなければいけません。
時間との戦いでもあるわけですから。

そんな感情のリセットを笑いで!


そして、なによりも『笑う門には福来たる』


福の神=赤ちゃんがここに来たいって飛び込んでもらえるように。


笑って自然に身につけるものだと思っていましたが、
笑いは練習することで、更なる爆笑、大爆笑を起こすことができますので、
笑いの冗談者~もとい上段者になれることも重要な要素。


笑う事で心を整えたら。



内を整える



子宝を授かるとは神様から
自分たちや親や先祖の行いを認めてくださるからいただける宝だと私は思います。
先祖の始まりは両親。
両方の親に感謝すること。
お墓参りも大切だけど、形式ではなく今ここで感謝を捧げることもできるので、
ご先祖様にも感謝の気持ちを持って。


ご先祖様がいなかったら親が生まれているかもわからないし、自分も生まれているかもわからない。
壮大な命の繋がりがあったからこそ今の自分がいて、その命のリレーに参加している。

多くの人の中からパートナーを選び、参加資格を与えていただいたことに感謝。

いくら感謝を尽くしても尽くしきれない夫や親や先祖の愛の中に私は生かされていることを感じます。

いまはこのことが一番大切なことだと・・・・

この愛 こそ体温のかなめなのではないしょうか。



一人の子どもを育てながらの不妊治療をつづけて
子を授かり、育てることは神様から天使を授かり育てあげる大事な使命であることを学ばせていただいた貴重な時間だったと今は思うことができるのです。

子どもの数で幸せを計るなんてナンセンス

人はそれぞれ使命があるので自分の命を進んで行く過程において必要なら子どもを。
授からないご夫婦には子どもを育てる以上のエネルギーをのちのち使わなくてはならない大きな使命があるご夫婦ではと思いに至っています。

人生の過程においてなにが良いのか悪いかなど、誰にもわからないことですよね。
淡々と受け入れていく。


ただ、ただ、授かりがあるということはとても神秘的なこと。
辛いこともありましたが、神秘的な体験をいただけて有り難かったと思います。

一人でも授かったのだからその授かりに感謝すること。

息子に「生まれてきてくれてありがとう」と言いましょう。(照れちゃうなぁ~)

おなかに宿った二人の天使にも「宿ってくれてありがとう」と。

今日は言いたくなりました。


今日もお付き合いくださいましてありがとうございます。


感謝をこめて

           だいだい 




いつもクリックしてくださり、ありがとうございます。
ブログランキングは1日おひとり1カウントまでなんだそうです。
気がついたらクリックしてくださると嬉しいです。
| 不妊について | COM(2) | TB(0) |