123456789101112131415161718192021222324252627282930
2017-06-02 (Fri)
そろそろ本格的な夏になってまいりました。

夏の鉄則としてだいだいはからだを冷やさないこと。をこころがけています。

実は夏のからだは結構冷えているのです。

クーラーで冷えびえするのも原因です。

昨年は節電のおかげであまり寒いほどクーラーが利いていて冷えたという思いがすくなかったように思えるのですが、

お風呂タイムに汗が出るのが嫌で湯船につからなで芯から温めることをしなかったり、

冷たい物の飲みすぎや食べ過ぎ、

食事も暑い時期を乗り切るために、野菜や果物はからだを冷やしてくれる要素の持ったトマトやキュウリ、なす、スイカなどを食べる機会が多いと自然にからだは中から冷やさえています。。

それに追い打ちをかけるようにアイスやジュース、冷たく冷やしたビールをガブガブ行ってしまいますよね。そうするとからだはお腹の中からも外からも冷やされていることになります。

からだはとんでもなく緻密な化学工場です、その工場を動かすエネルギーの源は体温です。

からだの化学工場をいつもフル活動したければからだの中の深部体温は37℃必要です。

温かいからだは病気知らずでいられます。

前にお医者さんが書いた本の中で、若い男性が胃がんで治療にどんな食生活をしていたか尋ねたところ、冷たいビールが大好きで、キンキンに冷えたビールを仕事上がりに飲むのが日課だったとの話が載っていたのを思い出しました。

過ぎたるは及ばざるが如し、ってことなんだなぁって読後感想。


昔は冷蔵庫がなくっても「嫁に秋ナスは喰わすナ」って言われたぐらい夏の野菜はからだを冷やす効果があるとして医食同源として考えられていたものです。


今も、昔も・・・・冷えすぎにご注意を。




| 布ナプキンの使い方 | COM(2) | TB(0) |
2016-09-30 (Fri)
094.jpg


におう布ナプキンは布地の中で雑菌が繁殖している可能性があります。

*きちんと洗えていなかった。
*完全に乾かないでしまってしまった。
*日光消毒を怠っていた。

などの原因が考えられるのではないでしょうか。




そんな布ナプキンを再生する方法があります。

そうでなくても清潔に使いたい方にお勧めです。


『煮洗い』  と言う方法。

なべに洗った布ナプキンと水を入れて3~5分煮る事で隅々まで消毒できます。
(衛生上、鍋は食事作りのとは別にしてください。)
さめたら脱水して太陽のもとに干します。
太陽の紫外線は「日光消毒」という言葉があるように、紫外線は強い殺菌力を持ちます。
細菌を一掃してしまうほど、だから布ナプキンは太陽の下に干しましょう。
そしてほこりのつかない乾燥したところに保管。



煮洗いの時に、
酵素系の漂白剤を入れたり、
粉せっけんを入れるやり方もありますが、
熱を加えると洗剤が噴き出してくることがあるので、
私は単純に水からの煮沸にしています。




洗うという事で・・・・
最後になりますが、
布ナプキンには柔軟剤は禁止です。
繊維が水をしみ込み易くなり漏れの原因になります。
漏れないようにしなければ布ナプキンの意味がありません。
皆さんはどんなせっけんを使っていますか?
せっかく手間かけて洗濯して使うならより健康的な物がいいですよね。



雑菌と不必要なものはさっさとおさらばして清潔な布ナプキンライフをお過ごしください。

| 布ナプキンの使い方 | COM(0) | TB(0) |
2016-04-02 (Sat)
出来るだけからだに自然なものを身につけたいと始めた布ナプキン。
ジワジワとお仲間が拡がって、「これは、やめられない!」と言ってくれるリピーターに支えられています。

その仲間のUさんのお気に入りはハンカチタイプ



プレーンk理性
136.jpg


セットするのにひと手間かかるのですが「どうも防水布が苦手」なほど肌が敏感なUさんにとってはハンカチタイプの存在は強い味方。
コットン面(生成り色)はネル面(ピンク色)どちらも使え、「冬場の寒い時にはネル面の温かさに助けられています」とお話ししてくださっています。


だいだいも水分量が少なくなった3日目以降に登場させて、長い事使っている一枚があったのですが、何度洗濯しても形が崩れることなく、ほずれることなく、ただ、ひたすら受け止めてくれる一枚です。
洗濯を重ねるごとに、吸い取りが良くなって行くのが確認できる品でもあります。
頼もしい子でしたが、あまりにも、シミがひどくなってさよならしてしまいましたが・・

ハンカチタイプは頼もしい一枚です。



090.jpg


長さを調節すれば、就寝時にも対応できます。

| 布ナプキンの使い方 | COM(0) | TB(0) |
2016-02-06 (Sat)

「布ナプキンはどんなの選んだらいいですか?」

誰もが、最初の購入時にどんなものを、どれくらい選んだらいいか??????状態に。

この質問はだいだいも明確にお答えすることができません。

だって、人によって清潔感の個人差が違うんですもん。

ナプキンに一滴の血液がついているだけでも「駄目っ! 汚い!」て云う人もいるし、

「漏れない限り大丈夫。」と豪語した猛者とも出会ったり。

「ほとんど、トイレで排出するんです。」って方もいたり。

「病気だから夜用二枚重ねても間に合わない。」って云う方もいらっしゃいました。

人によって、量や、痛み、清潔感などなど、感じ方って千差万別なんだ~って事を日々教わっています。

また、洗濯の仕方や干し方にも個性が見られるので・・・



だから、なんとも言えません・・・・



初心者の布ナプキンの組み合わせ。


しいて、ここから初めてみたら?と言うのだったら。



これとこれ
_MG_8851.jpg
ホルダーM
_MG_8825.jpg
ホルダーS

吸収体と防水シートを組み込んであるので、普通、Mサイズで一回の出血量なら用が足ります。
人より出血量が多い方はこの上にシートを乗せて吸い取りの調節をします。

Sサイズはパットをつけると普通の量をカバーすることもできるし、量が少ない時やおりものの時に重宝です。

洗濯しながら使うから3枚~5枚あると便利ですね。

(パットの説明は次回に!)


まずは、初めてみることかな~



| 布ナプキンの使い方 | COM(0) | TB(0) |
2015-11-18 (Wed)
皮や芯も煮込んでジャムにしてみました。
しっかり煮込んで、漉してさらにお砂糖を入れて煮詰めて、ほぼ一日かかりっきりで作りました。

美味しい♡


こんな作り方があったとは、長年のお付き合いの賜物です。

感謝


IMG_9252.jpg
| 布ナプキンの使い方 | COM(0) | TB(0) |