123456789101112131415161718192021222324252627282930
-------- (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 |
2017-03-26 (Sun)
だいだいが布ナプキンを勧めている訳の一つ。同じ用途で使うケミナプと布ナプでは肌にあてた感触がものすごく違うから。

布が肌にあたっていても気にならないけど・・・

ケミなぷは落ち着かない感があり、生理の後半は肌が荒れてくる・・・

デリケートなところだけにび・ん・か・ん

布ナプだとショーツと変わらず、なぜかホッとする、そしてじわじわ温かさが続く。

赤ちゃんのつけるおむつも同じではないかと思いがあって、ママが布ナプの楽な感覚を知ったら、布おむつ派が増えてくれるのではないかしら?と思った訳です。


紙オムツは便利で快適に作れているすぐれものですが、

その便利と快適が使う側にとって、

赤ちゃんからの排便、排尿のサインのコミニケーションを無視してしまっていたり、

経済的な理由で少量のおしっこ一回分は見逃して、2回したらかえるとか、

大量のごみを出すことになるとか

マイナス面もあるわけで・・・


大事な事が忘れられちゃってないかなぁ~って思うことがあって・・・




これからママになる方が布ナプキンを使うことを肌で知ってもらえたら、赤ちゃんには布おむつを使ってもらえるようになるのではないかと密かに密かに思いつづけ、地道な活動をしていたら~

そしたら、最近どんどん布ナプママ&布おむつ赤ちゃんが増えています。



さらに面白い事にその方たちは母乳派!

いつでもどこでも母乳。

赤ちゃんもママも幸せだね。




そんな幸せな親子を見れてうれしい今日このごろのだいだいです。




スポンサーサイト
| 布ナプキンと布おむつ | COM(3) | TB(0) |
2017-03-09 (Thu)
冷え症は女性の敵!
冷えないからだに布ナプキンは役に立ちますョ~~とお伝えしてきました。

この子たちがお役に立ちます。
そのためにはこの子たちが活躍します。
_MG_8874.jpg
詳しくはこちらこちら (クリックすると記事が見られます)

妊娠をきっかけに布ナプキンをお知りになって購入してくれたYさん

妊娠中後期になってお腹が張り気味になるのでLLサイズに挑戦したいとのことで、

こちらの一番大きなサイズにも挑戦していただきました。

_MG_8845.jpg


そうしたところ

LLサイズはかなり大きいけど、とてもあたたかく快適です。
お尻の冷えがだいぶ改善したように思います。
お尻のゴワゴワも、富士山折にして使えば、特に気にならずに
過ごせています。
大きいのを使ってみてよかったです!




との感想をいただきました。


LLはかなりの大きさと厚さがあるので、使用感はけして良いとはいえません。

それを常につけてお腹の赤ちゃんとほっこりしてくれたYさん、

感想ありがとう。

良い事例が出来ました。

048_640.jpg


そろそろ予定日・・・

母子ともに健やかに、
珠のような赤ちゃんが無事に生まれてきますようにお祈りいたします。



| 布ナプキンの変わった使い方 | COM(0) | TB(0) |
2017-01-26 (Thu)
こんな姿になっても、結ばれているって・・・・





IMG_3979.jpg
| つぶやき | COM(0) | TB(0) |
2017-01-09 (Mon)


とっても忙しい時期と重なってしまったので、今回は一人で色々と楽しみました。

そのうちの一つ

コンポート!
灰汁が強いので一回湯でこぼしをしてから煮ると美味しいです。

後ろのピンクのものが灰汁とりをしないで煮たものとてもきれいなピンク色のジャムになりました。

コンポートの上にジャムをかけていただきました。

とってもおなじものとは思えない味わいでした。



IMG_3981.jpg

写真が上手じゃなくて残念(-_-;)


| 秋のイベントかりんの日 | COM(0) | TB(0) |
2017-01-01 (Sun)
明けましておめでとうございま
本年もどうぞ、よろしくお願いいたします。

昨年も様々なご縁を結ばせていただきまして一人一人のご縁の深さに感謝の思いで満たされております。


大晦日に友人から立派な生姜が手紙を添えて送られてきました。
「最も冬越しの栄養素を蓄える冬至の日に収穫したばかりの生姜です。この種は医薬の神である大国主神から授かり、越冬の出来ない生姜の種は冬は温かい駿河の事代主神の所で越冬し、春になると諏訪の建御名方神の所に運ばれ、寒暖差の厳しい中で辛抱強く育った生姜は身は小さいけれども実が引き締まり薬効のある生姜になり、その実を干したり、塩漬け、酒漬けにと様々な方法で保存し、人々が厳しい冬を乗り越えるのを助けて来た千鹿頭生姜です。」と書かれていました。

日本列島は南と北があり、四季があり、建御名方神、事代主神兄弟しかり、国中の人々が力を合わせることで種を繋ぎ、保存の知恵で暑さや寒さを乗り切り生きて来られた人達がいるから、今私たちが生きていられることを手の中の生姜は教えてくれています。
寒天も暖かい海で天草を採り、乾燥して諏訪に運び、ミネラル豊富な水と寒さで良い寒天が出来ると聞いています。
生姜も寒天も今の健康ブームに欠かせないものとなっていますが、本当はもっと生活に根付いた大切な神さまからの授かりものなのかもしれません。

電気製品、とりわけ冷蔵庫の普及で食文化が変わって来てしまいました。
生半可な保存が出来る事で保存料まみれの食品だらけになっています、そこから多くの病気も発生しています。
また、このエネルギーの大量消費が地球環境を痛めつけ、もう取返しの出来ない所まで来ているのではなかと思われます。
しかし、どんなことがあろうと私たちは生きて行くし、繋げて行かなくてはなりません。


昔からある知恵や伝統を受け継ぎ次の代につなげる役目が私たちの世代のお役目であること、自然が与えてくれる豊かな恵みを生きる力に変換し自然と共に知恵豊かに生きていけるよう、たくさんの方から学び伝え、精進して行きたいと年頭に当たりしたためさせていただきました。

新年早々、長文お付き合いくださいましてありがとうございます。

どうぞ今年もよろしくお願いいたします。

IMG_3976.jpg

| つぶやき | COM(0) | TB(0) |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。